EN JP CN

このプロジェクトアイテムは、解析のための候補ではありません

このプロジェクトアイテムは、解析のための候補ではありません

Visual Studio で次のエラーが見つかった場合:

このプロジェクトアイテムは、分析のための候補ではありません。理由は、このプロジェクトアイテムにはコンパイラが割り当てられていません。間接的な解析に適したプロジェクトアイテムが見つかりません。

これは条件付きコンパイルの概念に起因しており、Visual Studio 構成 (プロジェクトのツールセット、ターゲットプラットフォーム、リリース) がどのプリプロセッサ定義が決定されるかの命令を出すことは極めて一般的です。

上の例では、プリプロセッサが定義した "DEBUG" は printStr メソッドの実装を制御するために使用されています。この場合、DEBUG が定義されていないため、Visual Studio は使用できないコードとして淡色表示されています。これらの Visual Studio 構成は条件付きファイルは含まれている条件付きヘッダーファイルと組み合わされると、Klocwork はヘッダーファイルを解析できないという旨のメッセージを表示します。このシナリオのスクリーンショットは、次のとおりです。

ご覧のように、UTF8 プリプロセッサ定義が設定されていないため、Utf8.h は含まれていません。Utf8.h が他のコンパイル可能なファイルに含まれていない場合は、Visual Studio とKlocwork は、このファイルをコンパイルすることはできません。ファイルが解析候補であるかを確認するには、Solution Explorer のファイル上で右クリックし、[コンパイル]オプションが選択可能な状態にあるかを確認します。