EN JP CN

kwcheck での build specification template (ビルドスペックテンプレート) の使用

kwcheck での build specification template (ビルドスペックテンプレート) の使用
  1. build specification template (ビルドスペックテンプレート) (必須の拡張子:.tpl) を統合プロジェクトにインポートします。統合プロジェクト用構成ファイルの管理 を参照してください。
    注: build specification template (ビルドスペックテンプレート) に kwpsroot 変数のみが含まれる場合は、手順 2 と3 は必要ありません。
  2. 置換が必要な変数のについてデベロッパーに通知します。
  3. デベロッパーはコマンド kwcheck set-var を使用してテンプレート内の変数をローカルパスにマッピングします。
  4. デベロッパーは Klocwork 解析を実行します。統合プロジェクトへの接続のため、build specification template (ビルドスペックテンプレート) は自動的に取得され使用されます。