EN JP CN

Windows への自動インストール

Windows への自動インストール

Windows への自動インストール

Windows への自動インストール

Klocwork の自動インストールを実行するには、次のコマンドを入力します。

start /WAIT <installer.exe> /w /S [/L<langid>] /v"/qn INSTALLDIR=<install_directory> /log <install_log> PROPERTY=VALUE PROPERTY1=VALUE1..." 

フィールド

  • <installer.exe> は、使用するインストールパッケージの名前、たとえば kw-server-installer.12.0.0.353.windows.exe
  • /w パラメーターにより、親プロセスがインストール プロセスを待機します。詳細については、InstallShield ヘルプ ライブラリを参照してください。
    注: システム変数 %errorlevel% は、インストールが正常に行われたかどうかのチェックに使用されます。
  • /L<langid> により、インストール パッケージのデフォルト言語を変更できます。デフォルトでは、システム ロケールが日本語の場合、インストール パッケージが日本語で実行されます。それ以外の場合は、英語で実行されます。日本語を指定するには、/L1041 を使用します。
  • /v は、後続パラメーターを MSI エンジンに直接渡します。/v に続く文字列はすべて、引用符で囲む必要があります。
  • /qn は、インストーラを自動モードで実行します。
  • <install_directory> は、Klocworkをインストールするディレクトリの絶対パスです。デフォルトは、空き領域が最大のローカル ドライブのルート ディレクトリです。%LOCAL_DRIVE%\Klocwork\<package>で、<package> はサーバーまたはデスクトップのパッケージの 1 つです。選択したディレクトリが空でない場合は、インストールを続行できません。
  • PROPERTY=VALUE は自動インストールに使用できる PROPERTY=VALUE のペアのいずれかです。
注: スペースを含む値を、エスケープ引用符 (\") で囲みます。

start /WAIT kw-server-installer.12.0.0.353.windows.exe /w /S /v"/qn INSTALLDIR=\"D:\Klocwork\Server 2017\" /log C:\server.log"

デスクトップ解析ツールのインストール

自動インストールを使用してデスクトップ解析ツールをインストールできますが、最初に https://support.roguewave.com/downloads (デスクトップツールパッケージを参照) からデスクトップ解析ツールをダウンロードし、ローカル マシンのフォルダーに解凍する必要があります。デスクトップ ツール パッケージには、それぞれのデスクトップ ツールのインストール バイナリが含まれており、プラットフォーム別に構築されています。詳細については、デスクトップ解析プラグインのダウンロードと展開を参照してください。

ローカル コンピューターのディレクトリに解凍して配置したら、インストールするデスクトップツールのインストーラのファイル名を指定して、コマンドラインから自動インストールを実行します。次の例では、IntelliJ IDEA プラグインがカスタムディレクトリにインストールされています。

start /WAIT kw-idea-installer.windows.exe  /w /S /v"/qn INSTALLDIR=\"C:\kw\idea_plugin\" /log C:\idea_install.log"

特定のコンポーネントの自動モードでのインストール

1 つ以上の特定の Klocwork コンポーネントを自動的にインストールする (データベースサーバーをインストールするなど) には、コマンドラインに ADDLOCAL=<component_arguments> を含めます。 フィールド <component_arguments> は、次の表の 1 つまたは複数の引数です。複数の引数を含める場合は、カンマで区切る必要があります。

インストールするコンポーネント (機能) 引数の入力
ライセンスサーバー (サーバーインストーラパッケージ)LicenseServer
Klocwork サーバー (サーバーインストーラパッケージ)KlocworkServer
管理解析管理ツール (サーバーインストーラパッケージ)BuildTools
分散解析サーバー (分散ビルドパッケージ)DistributedAnalysisServer
分散解析エージェント (分散ビルドパッケージ)DistributedAnalysisAgent

自動インストールに使用できる PROPERTY=VALUE のペア

サーバーパッケージ

PROPERTY=VALUE 説明
ADDLOCAL=<component_list>特定のコンポーネントのみをインストールします。このプロパティに使用できる値については、前のセクションの表を参照してください。
INSTALLDIR=<install_directory>指定するディレクトリにインストールします。デフォルト:現在の作業ディレクトリ。選択したディレクトリが空でない場合は、インストールを続行できません。
PROJECTS_ROOT=<projects_root_directory>指定するディレクトリの projects_root ディレクトリを設定します。デフォルトは <Server_install>/projects_root です。完全パスを指定します。
重要: アップグレードしている場合、移行する古い方の projects_root ディレクトリを指定してください。
LICENSE_HOST=<host_name>ライセンスサーバーのホスト名を指定します。デフォルト:localhost
LICENSE_PORT=<port_number>ライセンスサーバーのポート番号を指定します。デフォルト:27000
MYSQL_HOST=<host_name>データベースサーバーのホスト名を指定します。デフォルト:localhost
MYSQL_PORT=<port_number>データベースサーバーのポート番号を指定します。デフォルト:3306
KWSERVER_HOST=<host_name>Klocwork サーバーのホスト名を指定します。デフォルト:localhost
KWSERVER_PORT=<port_number>Klocwork サーバーのポート番号を指定します。デフォルト:8080
注: サーバーインストーラも ALLUSERS プロパティをサポートします。詳細については、MSDN の記事を参照してください。

デスクトッププラグイン

名前 説明
ADDLOCAL=<component_arguments>特定のコンポーネントのみをインストールします。このプロパティに使用できる値については、前のセクションの表を参照してください。
CREATE_SHORTCUTS=\"\"デスクトップショートカットの作成を抑制します。デフォルト:1 (ショートカットを作成)
IDEAINSTALLDIR= <directory>IntelliJ IDEA がインストールされるディレクトリ。
INSTALLDIR=<directory>指定するディレクトリにインストールします。デフォルト:現在の作業ディレクトリ。選択したディレクトリが空でない場合は、インストールを続行できません。
LICENSE_HOST=<host_name><host_name> で実行するライセンスサーバーを使用します。
LICENSE_PORT=<port_number><port_number> で実行するライセンスサーバーを使用します。
KWSERVER_HOST=<host_name><host_name> で実行する Klocwork サーバーを使用します。
KWSERVER_PORT=<port_number><port_number> で実行する Klocwork サーバーを使用します。