EN JP CN

SV.PASSWD.PLAIN

SV.PASSWD.PLAIN

このエラーは、ファイルストレージまたはネットワークから、文字列をパスワードとして使用するメソッドまで、文字列のトレースが可能な場合に発生します。

脆弱性とリスク

ストレージまたはネットワークが外部の暗号化によって保護されていない場合、これらにアクセス可能なユーザーはすべて、パスワードの意味を調べることができます。

Klocwork セキュリティ脆弱性 (SV) チェッカーは、潜在的に危険なデータを生成する呼び出しを特定します。 このような呼び出しは安全でないソースと考えられます。ユーザーは攻撃者になる可能性があり、ヒューマンエラーを取り込む可能性があるため、安全でないソースはユーザーが指定した任意のデータである可能性があります。

軽減と防止

パスワードは動的に入力される必要があります。それが不可能な場合には、パスワードを不可逆のダイジェスト (MD5 など) として保存します。メソッドがパスワードをプレーンテキストで要求する場合は、暗号化したパスワードを構成ファイルに保存します。

例 1

13    public static void main(String[] args) throws Exception {
14         Properties info = new Properties();
15         final FileInputStream st = new FileInputStream("config.ini");
16         info.load(st);
17         st.close();
18         DriverManager.getConnection("jdbc:mysql://localhost:3307", info);
19     }

SV.PASSWD.PLAIN が 18 行目に対して報告されています。 'getConnection' の呼び出しで使用されるパスワードは 'info' から取得されたものです。このパスワードは、外部暗号化 (SSL など) が適用されている以外、プレーンテキストで保存または伝達されています。

拡張機能

このチェッカーは、Klocwork knowledge base (ナレッジベース) を利用して拡張できます。詳細については、Java 解析のチューニングを参照してください。