EN JP CN

サポートされるプラットフォーム

サポートされるプラットフォーム

Klocwork サーバー パッケージをサポートしているオペレーティング システムは、以下のとおりです (注記がある場合を除く)。これは、Klocwork ではこれらの特定のハードウェア上のオペレーティング システムで完全なテストを実施済みであり、Klocwork サポート ポリシーで指定されているテクニカル サポートを提供することを意味します。

注: SELinux (Security-Enhanced Linux) を有効にして Klocwork ツールを使用することはできません。
プロセッサオペレーティング システム
Sun SPARCSun Solaris 10.11 および 11.3
Intel および AMD 32 ビットと 64 ビット
  • CentOS 6.7、7.2
  • Debian 7.9、8.5
  • Fedora 23、24、25
  • OpenSUSE 11.2 (Ent)、12.1 (Ent)、13.2、Leap 42.1
  • Red Hat Enterprise Linux 5.11、6.8、7.2
  • Ubuntu 14.04、16.04、16.10

Klocwork は Linux glibc 2.5 以降をサポートします。

Klocwork は、glibc 2.5 以降を実行する Debian もサポートします (バージョンを調べるには、getconf GNU_LIBC_VERSION を使用します)

  • Windows 7
  • Windows 8.1
  • Windows 10 および 10 Anniversary
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Mac OS X Yosemite (10.10.5)
  • Mac OS X El Capitan (10.11.5)
  • macOS Sierra (10.12)
IBM Power5 64 ビット
  • IBM AIX 7.1、TL 4 (サーバー パッケージのみ)
  • IBM AIX 7.2 TL 0 (サーバー パッケージのみ)

 

オペレーティン グシステムのパッチおよびパッケージ

 

特定のオペレーティング システムで Klocwork 製品を実行するには、次のパッチまたはパッケージが必要です。これらは、お使いのオペレーティング システム用の定期的なメンテナンス パッチに追加されるものです。

オペレーティング システム必要なパッチまたはパッケージ
Solaris 10zlib パッケージ (Klocwork デベロッパー ツールのみをインストールする場合は不要)。zlib パッケージがインストールされていることを確認します。zlib パッケージがインストールされていることを確認するには、以下を実行します。$ pkginfo |grep zlibまたは /usr/lib/usr/local/lib にあるlibz.soという名前のファイルを探します。zlib パッケージがインストールされている場合、SUNWzlib または SMCzlib の各パッケージあるいはその両方が表示されます。
Linux x86、64ビット32 ビット互換ライブラリのインストールが必要です。Klocwork Static Code Analysis64 ビットのプラットフォームで 32 ビット エミュレーション モードにより動作します。このため、Static Code Analysis を Linux 64 ビット プラットフォームで使用するには、32 ビット ライブラリがインストールされていることを確認する必要があります。32 ビット ライブラリの確認およびインストールの方法は、ご使用のLinux 配布によって異なります。

たとえば Ubuntu の場合、32 ビット互換ライブラリをインストールするには、次のコマンドを実行します。$ sudo apt-get install lib32tinfo5

32 ビットバージョンの libncursesw:i386 ライブラリのインストールが必要です。Ubuntu の以前のバージョンについては、ドキュメンテーションを参照してください。

Fedora Core および Redhat Enterprise Linux の場合、以下のコマンドを実行します。

sudo yum install glibc.i686

sudo yum install libgcc.i686

Linux のバージョンの違いに応じて、Klocwork サーバーでは以下のサードパーティ製パッケージのいずれかが必要になります。libaio1libaio またはlibaio.x86_64

ライセンスの要件

ライセンスを使用するため、FlexLM は GNU および GCC 標準ライブラリに加えて以下の Linux 標準の基本コアパッケージを要求します。

32 ビット版をインストールすることを推奨します。32 ビット版が入手できない場合は、64 ビット版をインストールしてください。

Ubuntu の場合は、次のコマンドを使用します。

sudo apt-get install lsb-core

sudo dpkg --add-architecture i386

sudo apt-get update

sudo apt-get install libc6:i386 libgcc1:i386

Fedora または RedHat の場合は、次のコマンドを使用します。

sudo yum install lsb-core

sudo yum install glibc.i686

sudo yum install libgcc.i686

X11 バージョンの X Window をデフォルトでインストールしない Linux 配布xorg-XFree86-deprecated-libs

 

Flexera FlexNet ID ドングルをサポートするオペレーティング システム

 

FlexNet ID ドングルは、「ドングル」とも呼ばれるハードウェア キーで、物理的に取り付けられているマシンへのソフトウェア アクセスのロックに使用されます。

FlexNet ID ドングルは、次のような場合に使用できます。

  • MAC アドレス、IP アドレスなど、システム情報を解除できない
  • 複数のサイト間でライセンス サーバーを共有できない

FlexNet ID ドングルの詳細については、Flexera Software の Web サイトを参照してください。

Flexera Software FlexNet ID ドングルを使用するには、適切な FlexNet ドライバーを備えた次のオペレーティング システムのいずれかを使用します。HOSTID_FLEXID9 の場合は、FlexNet11.14.0 を使用します。お使いのオペレーティング システムに適したドライバーは、Klocwork カスタマー サポートで取得できます。

オペレーティング システムFlexNet ドングル ドライバー インストーラ
Red Hat Enterprise Linux 5.11、6.8、7.2

32 ビット: aksusbdredhatsuse- 2.5.1.tar.gz

64 ビット: aksusbdredhatsuse- 2.5.1.tar.gz

Windows 8.1、Windows 10

32 ビット:FLEXID9_Windows_v7_41_i686.zip

64 ビット:FLEXID9_Windows_v7_41_x64.zip

注意

  • Flexera FlexNet ID ドングルは、root/Administrator 権限でインストールする必要があります。Unix の場合は、su/sudo を使用します。Windows の場合は、Administrator グループを使用します。
  • Flexera FlexNet ID ドングルを Windows にインストールした後は、Klocwork サーバーを再起動します。
  • Linux Red Hat Package Manager (RPM) インストーラは、checkpc に関するエラー メッセージを表示します。このエラー メッセージは無視してください。