EN JP CN

サポートされるプラットフォーム

サポートされるプラットフォーム

Klocwork サーバー パッケージをサポートしているオペレーティング システムは、以下のとおりです (注記がある場合を除く)。これは、Klocwork ではこれらの特定のハードウェア上のオペレーティング システムで完全なテストを実施済みであり、Klocwork サポート ポリシーで指定されているテクニカル サポートを提供することを意味します。

注: SELinux (Security-Enhanced Linux) を有効にして Klocwork ツールを使用することはできません。
プロセッサ オペレーティング システム
Sun SPARC
  • Sun Solaris 10.11
  • Sun Solaris 11.3
Intel および AMD 32 ビットと 64 ビット
  • CentOS 6.7、7.2
  • Debian 7.9、8.5。Klocwork 2017.1 以降、7.11、8.7 もサポートしています。
  • Fedora 23、24、25
  • OpenSUSE 11.2 (Ent)、12.1 (Ent)、13.2、Leap 42.1。Klocwork 2017.1 以降、11.4 (Ent) 、12.2 (Ent) 、42.2 もサポートしています。
  • Red Hat Enterprise Linux 5.11、6.8、7.2。Klocwork 2017.1 以降、7.3 もサポートしています。
  • Ubuntu 14.04、16.04、16.10

Klocwork は Linux glibc 2.5 以降をサポートします。

Klocwork は、glibc 2.5 以降を実行する Debian もサポートします (バージョンを調べるには、getconf GNU_LIBC_VERSION を使用します)

  • Windows 7
  • Windows 8.1
  • Windows 10 および 10 Anniversary
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Mac OS X Yosemite (10.10.5)
  • Mac OS X El Capitan (10.11.5)。Klocwork 2017.1 以降、10.11.6 もサポートしています。
  • macOS Sierra (10.12)
IBM Power5 64 ビット
  • IBM AIX 7.1、TL 4 (サーバー パッケージのみ)
  • IBM AIX 7.2 TL 0 (サーバー パッケージのみ)

オペレーティン グシステムのパッチおよびパッケージ

特定のオペレーティング システムで Klocwork 製品を実行するには、次のパッチまたはパッケージが必要です。これらは、お使いのオペレーティング システム用の定期的なメンテナンス パッチに追加されるものです。

オペレーティング システム必要なパッチまたはパッケージ
Solaris 10zlib パッケージ (Klocwork デベロッパー ツールのみをインストールする場合は不要)。zlib パッケージがインストールされていることを確認します。zlib パッケージがインストールされていることを確認するには、以下を実行します。$ pkginfo |grep zlibまたは /usr/lib/usr/local/lib にあるlibz.soという名前のファイルを探します。zlib パッケージがインストールされている場合、SUNWzlib または SMCzlib の各パッケージあるいはその両方が表示されます。
Linux x86、64ビット 32 ビット互換ライブラリのインストールが必要です。 Klocwork Static Code Analysis 64 ビットのプラットフォームで 32 ビット エミュレーション モードにより動作します。このため、Static Code Analysisを Linux 64 ビット プラットフォームで使用するには、32 ビット ライブラリがインストールされていることを確認する必要があります。32 ビット ライブラリの確認およびインストールの方法は、ご使用のLinux 配布によって異なります。

たとえば Ubuntu の場合、32 ビット互換ライブラリをインストールするには、次のコマンドを実行します。 $ sudo apt-get install lib32tinfo5

32 ビットバージョンの libncursesw:i386 ライブラリのインストールが必要です。Ubuntu の以前のバージョンについては、ドキュメンテーションを参照してください。

Fedora Core および Redhat Enterprise Linux の場合、以下のコマンドを実行します。

sudo yum install glibc.i686

sudo yum install libgcc.i686

Linux のバージョンの違いに応じて、Klocwork サーバーでは以下のサードパーティ製パッケージのいずれかが必要になります。libaio1libaio または libaio.x86_64

ライセンスの要件

ライセンスを使用するため、FlexLM は GNU および GCC 標準ライブラリに加えて以下の Linux 標準の基本コアパッケージを要求します。

32 ビット版をインストールすることを推奨します。32 ビット版が入手できない場合は、64 ビット版をインストールしてください。

Ubuntu の場合は、次のコマンドを使用します。

sudo apt-get install lsb-core

sudo dpkg --add-architecture i386

sudo apt-get update

sudo apt-get install libc6:i386 libgcc1:i386

Fedora または RedHat の場合は、次のコマンドを使用します。

sudo yum install lsb-core

sudo yum install glibc.i686

sudo yum install libgcc.i686

X11 バージョンの X Window をデフォルトでインストールしない Linux 配布xorg-XFree86-deprecated-libs

Flexera FlexNet ID ドングルをサポートするオペレーティング システム

FlexNet ID ドングルは、「ドングル」とも呼ばれるハードウェア キーで、物理的に取り付けられているマシンへのソフトウェア アクセスのロックに使用されます。

FlexNet ID ドングルは、次のような場合に使用できます。

  • MAC アドレス、IP アドレスなど、システム情報を解除できない
  • 複数のサイト間でライセンス サーバーを共有できない

FlexNet ID ドングルの詳細については、Flexera Software により発行されたFlexNet ID ドングル用 FlexNet Publisher ドライバー インストールガイドを参照してください。

Flexera Software FlexNet ID ドングルを使用するには、FlexNet11.14.0.2 用の適切な FlexNet FLEXID9 ドライバーを備えた次のオペレーティング システムのいずれかを使用します。お使いのオペレーティング システムに適したドライバーは、Klocwork カスタマー サポートで取得できます。

オペレーティング システムFlexNet ドングル ドライバー インストーラ
Red Hat Enterprise Linux 5.11、6.8、7.2、7.3

32 ビット: aksusbdredhatsuse- 2.5.1.tar.gz

64 ビット: aksusbdredhatsuse- 2.5.1.tar.gz

Windows 8.1、Windows 10

32 ビット: FLEXID9_Windows_v7_41_i686.zip

64 ビット: FLEXID9_Windows_v7_41_x64.zip

注意

  • Flexera FlexNet ID ドングルは、root/Administrator 権限でインストールする必要があります。Unix の場合は、su/sudo を使用します。Windows の場合は、Administrator グループを使用します。
  • Flexera FlexNet ID ドングルを Windows にインストールした後は、Klocwork サーバーを再起動します。
  • Linux Red Hat Package Manager (RPM) インストーラは、checkpc に関するエラー メッセージを表示します。このエラー メッセージは無視してください。