EN JP CN

誤検知の報告

誤検知の報告

誤検知を集めて、Klocwork サポートに zip ファイルとしてパッケージしたい場合は、Klocwork Static Code Analysis 内の指摘詳細ページのレポート FP ボタンをクリックして、レポートを作成することができます。

このボタンはすべてのユーザーが利用することができます。無効にしたい場合は、次の手順に従って管理者が排除することができます。
  1. <server_install>/3rdparty/tomcat/bin/ フォルダにおいて、お好みのエディターの setenv.bat (Windows) または setenv.sh (Linux) ファイルを開きます。
  2. このファイル内の「JAVA_OPTS」変数を変更します。

    Windows の場合、次を変更します:

    set JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -XX:MaxPermSize=128m
    様へ
    set JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -XX:MaxPermSize=128m -Dklocwork.false_positive_report_enabled=false
    Linux の場合、次を変更します:
    JAVA_OPTS="-XX:MaxPermSize=128m" $JAVA_OPTS
    様へ
    JAVA_OPTS="-XX:MaxPermSize=128m -Dklocwork.false_positive_report_enabled=false" $JAVA_OPTS​
  3. ファイルを保存し、Klocwork サーバーを再起動します。
注: この設定は、インストール全体に対してのみ有効または無効にすることができます。無効にする場合、ユーザーはこの機能をまったく使用できなくなります。