EN JP CN

統合プロジェクトとビルドプロパティのリファレンス

統合プロジェクトとビルドプロパティのリファレンス

kwadmin で表示されるプロジェクトプロパティ

次のテーブルは、kwadmin get-project-properties コマンドによって表示されるプロジェクトプロパティのリストを示します。編集可能なプロパティは、kwadmin set-project-property コマンドで設定できます。

プロパティ 説明 OK to edit? Allowable values Example value
auto_delete_threshold自動削除機能が有効な場合は、ビルド数を指定して保存します。はいnull 値を渡して保存方針を無効にします。10
bug_tracker_schema{0}id に置き換え、id をハイパーリンクに変換するために使用されます。N/Aバグトラッカー URL に情報を渡す URL パターン https://bugs.example.com/project/id={0}
clef_optionsC/C++ knowledge base (ナレッジベース) の作成を制御するオプションはいkwlef のオプションのカンマ区切りリスト--errors-config=analysis_profile.pconf
compiler_optionsC とC++ プロジェクトに使用するコンパイラオプションはいkwbuildproject のコンパイラオプションのカンマ区切りリスト --windows,--errors-config=analysis_profile.pconf,--honor-std
copy_tablesKlocwork テーブルが kwadmin load により projects_root にコピーされるようにするかどうかを指定します。はいtrue または falsetrue
作成者プロジェクトが作成されたユーザー IDいいえN/Ajoebloggs
database.hostデータベースサーバーのホスト名いいえN/Amyserver.acme.com
database.portデータベースサーバーポートいいえN/A3306
database.started_byデータベースサーバーを起動したユーザー IDいいえN/Aadminuser
database.typeDatabase typeいいえデータベースタイプの名前mysql
database.userデータベースサーバーを起動したユーザーいいえN/Skw
説明プロジェクトの説明はい(Klocwork Static Code Analysis で編集可能)N/Aこのプロジェクトには、toolbus ソースコードが含まれています。
grouping_on_defaultシステムがサーバー指摘を表示する方法を変更します。デフォルトでは、デスクトップ指摘がグループ化オフで表示され、サーバー指摘はグループ化オンで表示されます。プロジェクトのサーバー指摘を常時グループ化オフで表示するには、設定を false に変更します。はいtrue または falsetrue
incompatible_server_versions現在の projects_root ディレクトリと互換性のないサーバーバージョンいいえN/A6.1,7.0
java.sembaseJava 言語のセマンティックベースいいえセマンティックベースへのパスC:\Source_files\Apache_binary\apache-tomcat-5.5.15\server\webapps\manager\WEB-INF\lib\commons-fileupload-1.0.jar
java_compiler_optionsJava プロジェクトに使用するコンパイラオプションはいkwjava のオプションのカンマ区切りリスト-source,1.4
javadoc.urlのユーザーがアクセス可能な 1 つまたは複数の Java ドキュメンテーションの場所、通常は URL を指定します Klocwork Static Code AnalysisはいURL のセミコロン区切りリストhttp://java.sun.com/j2se/1.5.0/docs/api/
klocwork.host または web.hostKlocwork サーバーのホスト名いいえN/Amyserver.acme.com
klocwork.port または web.portKlocwork サーバーのポート番号いいえN/A8080
klocwork.started_by または web.started_byKlocwork サーバーを起動したユーザー IDいいえN/Aadminuser
言語プロジェクトのソースファイルのプログラミング言語はいカンマ区切りリスト。許容可能な値:c、cxx、java、csharpc,cxx
linker_optionsリンカーオプションはいkwlinker のオプションのカンマ区切りリスト--object-oriented
license.hostライセンスサーバーのホスト名いいえN/Amyserver.acme.com
license.portLicense Server portいいえN/A27000
ロケールプロジェクト作成時に設定されたプロジェクトのロケールをオーバーライドします。kwbuildproject を使用して統合ビルド解析を実行する '''' に設定し、すべてのビルドで指摘メッセージとトレースバックの言語が一貫するようにしてください。はいen, jaja
project_creation_time_stampプロジェクト作成タイムスタンプ、次によりローカライズ: Klocwork Static Code AnalysisいいえN/A1136234753965
project_creation_version内部使用いいえN/A21.0
project_version内部使用いいえ 21.0
projects_root_creation_version内部使用いいえN/A21.0
report_optionsデスクトップ解析ツールと共有するオプションをレポートしますはいカンマ区切りリスト。許容可能な値:すべての共有される構成ファイル。--error-config=analysis_profile.pconf、--metrics-config=metrics_default.mconf
source.bsfプロジェクトの解析に使用する build specification (ビルドスペック) の場所いいえプロジェクトの build specification (ビルドスペック) ファイルのカンマ区切りリストC:\klocwork\myproject.out
source.rootプロジェクトで使用する Java ソースファイルのルートディレクトリいいえN/AC:\temp\Klocwork\sources\apache
source.tablesプロジェクトで使用するプレビルドテーブルの場所いいえN/AC:\klocwork\projects_root\projects\MyProject\builds\build_4\tables
source.vs_filelocation of Visual Studio .project or .sln fileはい.project ファイルまたは .sln ファイルへのパスC:\Source_files\FileZilla\source\FileZilla.vcproj
source_encodingプロジェクトソースファイルの言語エンコーディングkwadmin create-project を参照してください。はい言語エンコーディング許容される値のリストを検索するには、kwconv--list オプションを使用します。utf-8
use_default_rtデフォルトの rt.jar がプロジェクトで使用されることを指定します。Java 言語レベル 1.4 のプロジェクトのみに該当します。言語レベルが変更された場合は、自動的に更新されます。はいtrue または falsefalse
vs_file.configVisual Studio プロジェクトのビルド構成はいVisual Studio プロジェクトファイルの有効な構成の名前Unicode のデバッグ