EN JP CN

LS.CALL.STRING

LS.CALL.STRING

GUI 関数におけるローカライズされない文字列の不審な使用

ローカライズされた文字列呼び出しを使用し、消費者対面関数のローカライズされない文字列の直接使用を点検します。
重要: これは実験的なチェッカーです。

コード例

1    int main()
2    {
3        print_string(“Non-Localized String”); // Line 3. LS.CALL.STRING
4        return 0;
5    }
Klocwork は、ローカライズされていない文字列を使用する GUI 関数の呼び出しの可能性があることを示すために、3行目でローカライズされた文字列を作成します。
注: 問題を検出するために、以下のレコードを持つ、上記のコードを KB とともに実行するべきです。print_string - xLS 1:$1:1

関連チェッカー