EN JP CN

Kwdtagent

Kwdtagent

kwdtagent コマンドで、Klocwork Desktop をリモートモードで使用するために、リモートデスクトップエージェントを起動します。kwdtagent は、ローカルプロジェクトのホスト、ポート、およびソフトウェアキーから構成された URL を生成します。

kwdtagent は、リモート環境で直接実行することも、リモート構成ファイルの一部として実行することもできます。

使用方法

リモートマシン上で、次を実行します。

kwdtagent --project-dir <local_project_directory> [options] 

例:

kwdtagent --project-dir /space/dev/C++TestProj/.kwlp

出力例:

Agent started. Use this string to connect: http://jlee.acme.com:9011/a8286494-cd15-4d3b-97ef-c804a2051741
注: URL のバックアップコピーを保存しておいてください。Klocwork Desktop を終了すると、次のセッションでリモートプロジェクトを開くにはその URL を提供する必要があります。この URL がない場合、kwdtagent を再度実行する必要があります。

オプション

名前 (および短い名前)説明
--help (-h)ヘルプを表示します。
--port <number>|autoデフォルトの 9011 とは異なるか、ポートフォワーディングを使用している場合は、ポート番号を指定します。9011 ~ 9040 の範囲で空きポートを見つけるには、auto を指定します。
--project-dir <local_project_directory> (-pd)接続するローカルプロジェクトディレクトリ (.kwlp) を指定します。これは必須オプションです。
--version (-v)kwdtagent のバージョンを表示します。