EN JP CN

kwchangestatus

kwchangestatus

kwchangestatus で、Klocwork サーバーに接続し、コマンドラインから欠陥を更新することができます。このユーティリティが Static Code Analysis ライセンスを取り込むことにご注意ください。

使用方法

kwchangestatus --url http://<klocwork_server_host>:<klocwork_server_port>/<project> --status <status>

kwchangestatusで引数ファイルを使用できます。引数ファイルを作成して、コマンドライン引数を指定することができます。各引数は、独立した行に指定する必要があります。(引数ファイルにマルチバイト文字が含まれる場合、ファイルは UTF-8 でエンコードされている必要があります。))使用方法は以下のとおりです。

kwchangestatus @<arguments-file> 

指摘 7、9、および 18 でステータスを「無視」に変更する場合は、次のコマンドを実行します。

kwchangestatus --url http://localhost:8080/zlib --status Ignore 7,9,18

指摘 5 を jsmith に割り当てる場合には、次のコマンドを実行します。

kwchangestatus --url http://localhost:8080/zlib --owner jsmith 5

オプション

名前短い名前説明
--help コマンドラインヘルプを表示します。
--url http(s)://<host>:<port>/<project> 

Klocwork サーバー上のプロジェクトの URLであり、書式は http://<server_host>:<server_port>/<project> です

Klocwork サーバーのセキュア接続が構成されている場合は、https:// を使用します。

--status 更新する指摘ステータスを指定します。許容できるステータスのリストについては、ここをクリックしてください。
--owner 指摘を割り当てるオーナーを指定します。ユーザー名にスペースが含まれる場合、二重引用符 (") で囲んでください。このオプションで参加者を招待するには、その参加者が Static Code Analysis に既にログインしている必要があります。
--comment 指摘に割り当てるコメントを指定します。そのコメントにスペースが含まれる場合、二重引用符 (") で囲んでください。
--version show version