EN JP CN

Kwadmin

Kwadmin

kwadmin コマンドで、統合プロジェクトとビルドを管理します。以下のコマンドオプションを使用するには、特定のパーミッションレベルが必要になる場合があります。詳細については、Klocwork プロジェクトへのアクセスの有効化を参照してください。

使用方法

 kwadmin [<common_options>] <subcommand> [<subcommand_options>] 

フィールド

  • <common_options> は、すべての kwadmin サブコマンドに適用されるオプションに一覧表示されているオプションのいずれかです。
  • <subcommand> は以下のセクションで説明される kwadmin サブコマンドのいずれかです。
  • <subcommand_options> は特定のサブコマンド用のオプションのいずれかです。

次のように、kwadmin 用または kwadmin サブコマンド用の引数ファイルも指定できます。

kwadmin @<arguments_file>
kwadmin <subcommand> @<arguments_file> 

引数ファイルを作成して、コマンドライン引数を指定することができます。各引数は、独立した行に指定する必要があります。(引数ファイルにマルチバイト文字が含まれる場合、ファイルは UTF-8 でエンコードされている必要があります。)

kwadmin --url http://server01.acme.com:8080 list-projects

すべての kwadmin サブコマンドに適用されるオプション

以下のテーブルに示すオプションはすべてのサブコマンドに適用されます。以下のセクションで、kwadmin サブコマンドと各サブコマンドに適用されるオプションに関する情報を説明します。以下のオプションはサブコマンドの前に配置します。

名前説明
@<arguments_file>kwadmin サブコマンドとオプションを含むテキストファイルを指定します。非常に長いコマンドラインが使用できます(kwadmin set-project-property 用の jar ファイルのリストを指定する必要がある場合など)。
--helpソフトウェアのバージョン、著作権情報、およびコマンドのヘルプを表示します
--url http(s)://<klocwork_server_host>:<klocwork_server_port>/Klocwork サーバー用 URL。Klocwork サーバーのセキュア接続が構成されている場合は、https:// を使用します。
  • <host> には、接続する Klocwork サーバーを実行するホストマシンを指定します。デフォルトは、kwadmin が正常に接続した最後のホストか、または kwadmin が Klocwork サーバーに接続していない場合は localhost です。
  • <port> には、接続する Klocwork サーバーが使用するポートを指定します。デフォルトは、kwadmin が正常に接続した最後のポートか、または kwadmin が Klocwork サーバーに接続していない場合は 8080 です。
  • Klocwork サーバーのセキュア接続が構成されている場合は、https:// を使用します。
--verboseプログラム実行についての詳細情報を表示します。これは、エラーのトラブルシューティングに役立ちます
--versionバージョン情報を取得します

kwadmin create-project

kwadmin create-project を使用して、指定した名前の新しいプロジェクトを作成します。新しく作成されるプロジェクトには、解析 (ビルド) されるまでデータは含まれません。

kwadmin create-project <project_name> [options]

フィールド

  • <project_name> は作成するプロジェクトの名前です。プロジェクト名とビルド名は文字または数字で始まる必要があります。プロジェクト名とビルド名ではピリオド (.)、マイナス記号 (-)、アンパサンド (&)、ホワイトスペース、およびアンダースコアも使用できます。また、名前はそれぞれ 64 文字を超えることはできません。
注: コマンドラインのプロジェクトをリファレンスするには、プロジェクト名の大文字小文字を正しく区別して指定する必要があります (プロジェクト名では大文字と小文字が区別されます)。Klocwork Static Code Analysis に表示されているとおりの現在のプロジェクト名を正確に指定することも必要です。

kwadmin create-project Toolbus

オプション

名前説明
--encoding <arg>プロジェクトで使用するソースファイルのエンコードを指定します。デフォルトは、お使いのシステムのエンコーディングです。許容される値のリストを検索するには、kwconv--list オプションを使用します。詳細については、kwbuildproject--encoding オプションを参照してください。

kwadmin delete-build

このコマンドを使用して、プロジェクトビルドをビルドリストとデータベースから削除します。

注: 一度削除すると、このビルドデータは復旧できません。
kwadmin delete-build <project_name> <build_name>

フィールド

  • <project_name> はビルドを削除するプロジェクトの名前です。
  • <build_name> は削除するビルドの名前です。

kwadmin delete-build Toolbus build_9

kwadmin delete-config

このコマンドを使用して、プロジェクトレベルまたはシステムの構成ファイルを削除します。構成ファイルの管理の詳細については、kwadmin import-config を参照してください。

kwadmin delete-config <project_name> <config-file_name>

フィールド

  • <project_name> は構成ファイルを削除するプロジェクトの名前です。
プロジェクト名として "workspace" を指定すると、プロジェクトの構成ファイルのデフォルトのリストから構成ファイルを削除する必要があります。
注意:
このようにして構成ファイルを削除すると、そのファイルはファイルシステムから実際に削除されます。
  • <config-file_name> は削除する構成ファイルの名前です。ファイルへのパスを指定するのではなく、ファイル名を指定します。

kwadmin delete-config Toolbus metrics_custom.mconf
kwadmin delete-config workspace OurMetrics.mconf 

kwadmin delete-project

このコマンドを使用して、指定したプロジェクトとそのすべてのビルドをプロジェクトリストとデータベースから削除します。

注意:
一度削除すると、このプロジェクトデータは復旧できません。
kwadmin delete-project <project_name>

フィールド

  • <project_name> は削除するプロジェクトの名前です。

kwadmin delete-project Toolbus

kwadmin duplicate-project

このコマンドは新しいプロジェクトを作成するときのショートカットとして使用します。これにより、プロジェクトの設定、表示、モジュール、プロジェクトに関連付けられたユーザーと権限、ソースタイプの場所へのポインター、および構成ファイルが複製されます。当初のプロジェクトのビルドは複製されません。

kwadmin duplicate-project <existing_project_name> <new_project_name>

フィールド

  • <existing_project_name> は複製する既存のプロジェクトの名前です。
  • <new_project_name> は作成するプロジェクトの名前です。プロジェクト名とビルド名は文字または数字で始まる必要があります。プロジェクト名とビルド名ではピリオド (.)、マイナス記号 (-)、アンパサンド (&)、ホワイトスペース、およびアンダースコアも使用できます。また、名前はそれぞれ 64 文字を超えることはできません。
注: コマンドラインのプロジェクトをリファレンスするには、プロジェクト名の大文字小文字を正しく区別して指定する必要があります (プロジェクト名では大文字と小文字が区別されます)。Klocwork Static Code Analysis に表示されているとおりの現在のプロジェクト名を正確に指定することも必要です。

kwadmin duplicate-project Toolbus New_Toolbus

複製するプロジェクトの .conf ファイルに手動で構成されたプロパティや設定が含まれている場合、duplicate-project 操作の際にそのプロパティおよび値を確実にコピーするには、プロジェクトの Klocwork サーバーを再起動(または元の変更を構成した後に再起動)する必要があります。

kwadmin get-build-properties

このコマンドを使用して、指定したプロジェクトビルドのプロパティを表示します。ビルドプロパティの完全なリストは、統合プロジェクトとビルドプロパティのリファレンスを参照してください。

特定のプロジェクトビルドのプロパティを表示するには、次のコマンドを入力します。

kwadmin [--url http(s)://<host>:<port>/] get-build-properties <project_name> <build_name>

フィールド

  • <host>:<port> には、Klocwork サーバーを実行するホストマシン (デフォルトは localhost) とポート (デフォルトは 8080) を指定します。
  • <project_name> はビルドプロパティを表示するプロジェクトの名前です。
  • <build_name> はプロパティを表示するビルドの名前です。

kwadmin get-build-properties Toolbus build_2

kwadmin get-project-properties

このコマンドを使用して、指定したプロジェクトのプロパティを表示します。これらのプロパティの一部は編集可能です。プロジェクトプロパティの完全なリストは、統合プロジェクトとビルドプロパティのリファレンスを参照してください。

既存のプロジェクトのプロパティを表示するには、次のコマンドを入力します。

kwadmin [--url http(s)://<host>:<port>/] get-project-properties <project_name>

フィールド

  • <host>:<port> には、Klocwork サーバーを実行するホストマシン (デフォルトは localhost) とポート (デフォルトは 8080) を指定します。
  • <project_name> はプロパティを表示するプロジェクトの名前です。

kwadmin get-project-properties Toolbus

kwadmin get-projects-root

このコマンドを使用して、現在の projects_root (つまり、Klocwork サーバーを起動した projects_root) を表示します。

kwadmin get-projects-root

kwadmin --url http://ServerXZY.acme.com:8080 get-projects-root

kwadmin import-config

kwadmin import-config を使用して、構成ファイルを単一のプロジェクトまたは projects_root 全体にインポートします。

kwadmin import-config <project_name> <file>

フィールド

  • <project_name> は構成ファイルをインポートするプロジェクトの名前です。
プロジェクト名として "workspace" を指定すると、(projects_root ディレクトリにある) プロジェクトの構成ファイルのデフォルトのリストに構成ファイルをインポートする必要があります。
  • <file> はインポートする構成ファイルへのフルパスです。構成ファイルのタイプは、拡張子または名前で判断されることに注意してください。

kwadmin import-config Toolbus C:\Klocwork\OurMetrics.mconf
kwadmin import-config Toolbus C:\Klocwork\Toolbus_ownership.sow
kwadmin import-config workspace C:\Klocwork\OurMetrics.mconf 

詳細については、統合プロジェクト用構成ファイルの管理を参照してください。

kwadmin list-builds

このコマンドを使用して、指定したプロジェクトの既存のビルドを一覧表示します。

kwadmin list-builds <project_name>

フィールド

  • <project_name> はビルドを表示するプロジェクトの名前です。

kwadmin list-builds Toolbus

kwadmin list-config-files

kwadmin list-config-files を使用して、指定したプロジェクトで使用される構成ファイルを一覧表示します。「Klocwork プロジェクト用構成ファイル」も参照してください。

kwadmin list-config-files <project_name>

フィールド

  • <project_name> は構成ファイルを表示するプロジェクトの名前です。

kwadmin list-config-files Toolbus

kwadmin list-config-types

kwadmin list-config-types を使用して、有効なタイプの構成ファイルの名前と拡張子を一覧表示します。編集可能な構成ファイルを参照してください。

kwadmin list-config-types

kwadmin --url http://myhost.acme.com:8080 list-config-types

kwadmin list-projects

このコマンドを使用して、現在の projects_root ディレクトリにある既存のプロジェクトのリストを表示します。

kwadmin list-projects

kwadmin --url http://myserver.acme.com:8080 list-projects

kwadmin load

このコマンドを使用して、kwbuildproject によって作成された Klocwork テーブルを Klocwork サーバーにロードします。

kwadmin load <project_name> [<tables-directory>]

フィールド

  • <project_name> はビルドをロードするプロジェクトの名前です。
  • <tables-directory> は kwbuildproject によって生成された Klocwork テーブルへのパスです。テーブルディレクトリを projects_root ディレクトリに配置しないでください。このディレクトリの読み取り権限と書き込み権限を所有している必要があります。

kwadmin load Toolbus /my/tables/directory

オプション

名前 (および短い名前)説明
--force前の解析がまだ進行中でも、新しい解析を開始します。このオプションは、解析は中止されたが、ビルド状態として「進行中」と表示されている場合にのみ使用します。新しい解析が正常に終了した場合は、--force オプションは必要ありません。
--name <build_name>デフォルト以外のビルドの名前を設定します。デフォルトは "build#," で、フィールド # は 1、または最後に作成されたビルドよりも大きくします。削除されたビルドの番号は再利用できません。ビルド名では、数字 (0 ~ 9)、アルファベット (A ~ Z、a ~ z)、ピリオド (.)、マイナス記号 (-)、アンパサンド (&)、ホワイトスペース、およびアンダースコア文字のみ使用できます。また、<build_name> 64 文字を超えることはできません。

kwadmin rename-build

このコマンドを使用して、ビルドの名前を変更します。

kwadmin rename-build <project_name> <build_name> <new_build_name>

フィールド

  • <project_name> は名前を変更するプロジェクトの名前です。
  • <build_name> は名前を変更するビルドの名前です。
  • <new_build_name> はビルドに付ける名前です。

プロジェクト名とビルド名は文字または数字で始まる必要があります。プロジェクト名とビルド名ではピリオド (.)、マイナス記号 (-)、アンパサンド (&)、ホワイトスペース、およびアンダースコアも使用できます。また、名前はそれぞれ 64 文字を超えることはできません。

注: コマンドラインのプロジェクトをリファレンスするには、プロジェクト名の大文字小文字を正しく区別して指定する必要があります (プロジェクト名では大文字と小文字が区別されます)。Klocwork Static Code Analysis に表示されているとおりの現在のプロジェクト名を正確に指定することも必要です。
注: ホワイトスペース、アンパサンド、ピリオドを使用する場合は、名前を二重引用符で囲みます。

kwadmin rename-build demosthenes buidl_6 build_6 

kwadmin rename-project

このコマンドを使用して、プロジェクトの名前を変更します。

kwadmin rename-project <project_name> <new_project_name>

フィールド

  • <project_name> は名前を変更するプロジェクトの名前です。
  • <new_project_name> はプロジェクトに付ける名前です。

プロジェクト名とビルド名は文字または数字で始まる必要があります。プロジェクト名とビルド名ではピリオド (.)、マイナス記号 (-)、アンパサンド (&)、ホワイトスペース、およびアンダースコアも使用できます。また、名前はそれぞれ 64 文字を超えることはできません。

注: コマンドラインのプロジェクトをリファレンスするには、プロジェクト名の大文字小文字を正しく区別して指定する必要があります (プロジェクト名では大文字と小文字が区別されます)。Klocwork Static Code Analysis に表示されているとおりの現在のプロジェクト名を正確に指定することも必要です。
注: ホワイトスペース、アンパサンド、ピリオドを使用する場合は、名前を二重引用符で囲みます。

kwadmin rename-project demosthenes zlib

kwadmin set-project-property

このコマンドを使用して、既存のプロジェクトのプロパティを設定します。変更内容は後続のすべての解析実行に適用されます。

前提条件:すべての Klocworkサーバーが実行している。Klocwork サーバーを起動します。 を参照してください。

kwadmin --url http(s)://<server>:<port> set-project-property <project_name> <property> <value>
kwadmin --url http(s)://<server>:<port> set-project-property <project_name> <property> '--<option>$<environment_variable>$<file>,--<option>$<environment_variable>$<file>'

フィールド

例 1

以下は、指摘グループ化のデフォルトの設定を常時グループ化オフで表示するように変更する方法の例です。

kwadmin --url http://myserver:8080/ set-project-property Toolbus grouping_on_default false 

例 2

kwadmin --url http://myserver:8080/ set-project-property Toolbus report_options '--error-config=analysis_profile.pconf,--metrics-config=mymetrics.mconf' 

注意

値がカンマで区切られたリスト (レポートオプション、コンパイラオプションなど) で構成されるプロパティに値を追加する場合は、追加する値 (値と値の間にスペース不要) だけでなく、すべての既存の値も指定する必要があります。そうしないと、既存の値は指定した値で上書きされます。

指定された値は Klocworkによって検証されません。このため、プロパティ値の設定によっては解析が失敗する可能性があります。無効なオプションが設定されている場合、そのコマンドを再度実行し、オプションの設定を元に戻します。無効なプロパティ以外のすべてのプロパティについては現在値を指定します。

以下の条件が当てはまる場合、プロパティ値全体を一重引用符で囲みます。

  • 値にスペースが含まれる。
  • 値がカンマで区切られたリストである。
  • 値にダッシュ 2 個で始まるコマンドラインスイッチが含まれる。

詳細については、統合プロジェクトとビルドプロパティのリファレンスを参照してください。

終了コード

kwadmin コマンドを実行すると、次のいずれかの終了コードが生成されます。コマンドが正常に実行され、エラーがない場合の終了コードは 0、エラーが発生した場合の
  • 終了コードは 1 です。
  • サブコマンドは --help または --version
エラーが発生し、終了コードは 1 です。終了コード。kwadmin load コマンドが終了コード 1 を返した場合の詳細は、build.log ファイルを確認してください。