EN JP CN

バグ追跡システムの統合 Klocwork Static Code Analysis

バグ追跡システムの統合 Klocwork Static Code Analysis

Static Code Analysis にバグ追跡システムを統合すると、Klocwork の指摘のバグチケットを追跡システムに送信し、そのバグトラッカーのバグ ID、バグチケットのリンク、バグトラッカーから取得されたその他の情報を Static Code Analysis で表示できます。

統合を有効にするには、'review_action.py' という Python スクリプトを作成して、projects_root/config ディレクトリに配置します。Static Code Analysisにより、その projects_root のすべてのプロジェクトについて指摘の詳細ページにボタンが表示されます。ユーザーがボタンをクリックすると、Static Code Analysisその指摘に関連する情報 (URL を含む) を回収し、スクリプトに渡されます。これにより、問題レポートがバグトラッカーに送信されます。

Python スクリプトで 'set_bug_id' メソッドを呼び出すと、バグ ID は Klocwork の指摘とともに保存されます。これにより、ID を指摘リストや指摘の詳細ページに表示したり、指摘リストから検索したりすることができます。バグトラッカースキーマを kwadmin プロパティとして設定すると、バグ ID がバグトラッカーへのハイパーリンクに変換されます。バグ ID は、Static Code Analysis に表示されると、Klocwork 全文検索を使用して検索できる語になります。

また、スクリプトで 'set_comment(comment)' メソッドを使用し、バグトラッカーからの更新コメントと、指摘に追加されたその他のコメントを Static Code Analysis に表示できます。

統合を設定するには、バグ追跡システムを特定してプロジェクトで統合を機能させる方法を指定する Python スクリプトを作成する必要があります。オプションで、Static Code Analysis インターフェイスの詳細を指定できます。これには、チケットの送信に使用するボタンや、バグトラッカーから Static Code Analysis に表示される情報などがあります。