EN JP CN

デスクトップ解析のカスタマイズ

デスクトップ解析のカスタマイズ

デスクトップ解析のカスタマイズ

デスクトップ解析のカスタマイズ

カスタマイズのプロセスは、不便な状況から始まります。通常は実際にはコードベースに該当しないチェッカーからの "過剰なノイズ" や誤検知の形を取ります。

トレースバック情報は、結果の有効性を判断し、検出された指摘を解決するために必要な情報を収集する点で、主要な診断ツールの 1 つです。

注:
  • 解析をカスタマイズできるのは、ローカル構成を変更するパーミッションを持っている場合だけです。
  • Visual Studio プラグインで可能なのは、チェッカーの有効/無効の切り替えだけです。

チェッカーの有効/無効を切り替える状況

Klocwork のデフォルトチェッカーの有効/無効を切り替えることができるので、自分にとって関心のある指摘タイプだけを表示することができます。たとえば、自分のチームが "無視 (Ignore)" または "問題ではない (Not a problem)" として一貫して引用している報告された指摘タイプがあり、かつその評価が有効である場合、そのチェッカーを無効にして今後の解析では検出されないようにすることができます。

ある指摘のタイプが、検出されて当然なのに実際には検出されない場合、Configuration Editor でデフォルトチェッカーをチェックして、無効にされたために検出されないのかどうかを確認します。リストにある場合、有効にして解析を再度実行するだけです。

デベロッパーが指摘の有効/無効を切り替えると、必ずプロジェクトにユーザープロファイル (userprofile.pconf.xml) が自動的に作成されます。このユーザープロファイルは、エクスポート/インポートしてチームメンバー間で共有することができます。

詳細: Visual Studio | Klocwork Desktop | Eclipse | IntelliJ IDEA

kwcheck の場合、Configuration Editor を実行するか、コマンド kwcheck enable とkwcheck disable を使用します。

解析を調整する状況

特定の指摘タイプの出現箇所が誤検知であっても、その指摘タイプ自体は検出に有益である場合、解析を調整してそれらの誤検知を取り除くことができます。

たとえば、トレースバックまたはその近くに検証箇所があることに気付いても、その指摘が依然として検出される場合、チェッカーを調整してその検証箇所を検出するようにします。

調整には、knowledge base (ナレッジベース) ファイルが使用されます。

独自のチェッカーを記述する状況

デフォルトチェッカーリストにない指摘タイプがある場合、独自に作成することができます。

詳細: C/C++ | Java

メトリックしきい値を設定する状況

複雑度について指定されたしきい値を超えたか、指定されたパーセンテージのコメント数を満たせなかった関数またはクラスメソッドについては、報告させると良いでしょう。これらは、デスクトップまたは統合プロジェクトについて確立できる多くのメトリックしきい値の数例にすぎません。

詳細: レポートされたメトリックのしきい値の変更

構成ファイルのインポートとエクスポート

構成ファイルをプロジェクトまたはワークスペースからエクスポートして、チームメンバー間で振り分け、各自がそれらをインポートすることができます。ワークスペースからファイルをエクスポートしても、ワークスペースからそのファイルが削除されるわけではありません。

サーバープロジェクトに接続されている場合、ローカル構成設定が統合プロジェクトの構成設定より優先されます。

1 つのプロジェクトに次の項目を含めることができます。
  • 1 つのユーザープロファイル (.pconf)
  • 1 つのメトリックしきい値ファイル (.mconf)
  • 1 つの分類基準ファイル(.tconf)
  • 複数の knowledge base (ナレッジベース) ファイル (.kb または.jkb)
  • 複数のオーバーライドファイル(.h) (C/C++ のみ)
プロジェクトに .mconf、.pconf、または.tconfファイルが既に含まれている場合、これらのファイルタイプにさらにインポートすると、既存ファイルが上書きされます。
注: Klocwork 解析で使用するすべての構成ファイルは、日本語などのマルチバイト文字が含まれている場合は、UTF-8 で暗号化されている必要があります。これらのファイルを変換してから、プロジェクトにインポートしてください。kwconvを参照してください。

詳細: Eclipse | IntelliJ IDEA | Klocwork Desktop

コマンドラインで kwgcheck を使用する場合は、構成ファイルのインポート/エクスポートに kwcheck を使用する必要があります。kwcheckを参照してください。