EN JP CN

ファイルの欠落による継続的インテグレーション解析の失敗

ファイルの欠落による継続的インテグレーション解析の失敗

Jenkins または TeamCity の継続的インテグレーションプロジェクトに Klocwork CI を追加する際、ビルドステップによって一時ファイルが作成されると、Klocwork ビルドが失敗する場合があります。この一時ファイルの作成を検証するには、kwcc エラーのビルドログを確認します。

これは、ビルドが一時ファイルを作成し、kwinject がそのファイルを処理対象に含めることから生じている可能性があります。この一時ファイルの作成を回避するには、kwinject コマンドに --ignore-files <temp files pattern> オプションを付加します。

たとえば、'zlib' ビルドは、ユニットテストで一部の機能性を試験するため、 'testXXX.c' ファイルをいくつか作成します。これらのファイルは、テスト終了後に直ちに削除されます。この場合、解析の失敗を避けるために、kwinject コマンドに --ignore-files test*.c オプションを付加する必要があります。たとえば、次のようになります。
kwinject [option...] <build-command> [arg...] --ignore-files test*.c