EN JP CN

解析に失敗し、exited メッセージと exception メッセージが表示される

解析に失敗し、exited メッセージと exception メッセージが表示される

表示される "exited"、"exception"、または "REPCXX" メッセージが、データベースのロードまたは伝播に問題があることを示す場合、データベースのロードエラーと伝播エラーを参照してください。

AIX 上で統合ビルド解析のコンパイル段階で次のようなエラーが表示された場合:

Failed to allocate more memory!
kwcc:Error: '/space/klocwork_server/exec/powerpc-ibm-aix5/REPCXX' exited with code 11

LDR_CNTRL 環境変数の設定を確認します。この変数のデフォルト値は、32 ビットアプリケーション (Klocwork など) では 128 MB です。

この環境変数の値を増やして、統合ビルド解析を再開します。

一般に、"exception"、"exited with code <number>"、または "REPCXX" を示すメッセージが表示される状況では、ビルドは再開できません。

次の情報を Klocwork カスタマーサポートに提出していただく必要があります。

  • 完全なビルドログ
  • パースエラーログ