EN JP CN

レビューの送信

レビューの送信
このトピックの内容:

Klocwork Code Review は、チェックイン前およびチェックイン後の 2 種類のコードレビューワークフローをサポートします。コードレビューワークフローは、企業ポリシーまたは使用する SCM システムによって異なります。両方のワークフローを使用する企業やチームもあります。

チェックイン前

企業ポリシーでソース制御にチェックインされる前にキーファイルまたはモジュールのコードレビューが必要な場合、チェックイン前モデルが適切です。デベロッパーはコード変更が承認されるまで作業を完了してチェックインできないため、チェックイン前のコードレビューは、"ブロック" コードレビューと呼ばれます。Code Review は実際には、SCM へのコミットをブロックまたは阻止する方法にはならないことに注意してください。この操作は、通常のソフトウェア開発プロセスの一部として、独立して実行する必要があります。

Code Review プラグインまたは kwcodereview (サポートされない IDE またはテキストエディターを使用する場合) でのコマンドラインを使用して、IDE からチェックイン前のコードレビューを作成します。

チェックイン後

チェックイン後のコードレビューは、コードの送信やレビューと修正を行う環境、または承認後にメインラインコードに統合される個々の作業分岐に開発コードが存在している環境で使用できます。他の状況では、マネージャーはチェックイン後レビューを実行して、作業を保留せずにリビジョンを監視します。

チェックイン後のコードレビューは、製品ポータルにリビジョンとして表示されます。新しいリビジョンを定期的にロードして、連続する履歴を維持することをお勧めします。このプロセスは一般に、連続する統合システムを使用してスクリプトを作成するか、crond などの Unix コマンドを使用して自動的に実行されるように設定します。