EN JP CN

カスタム Java チェッカーの作成

カスタム Java チェッカーの作成

作成する Java チェッカー:KAST または Path?

2 つのタイプの Klocwork チェッカーは、それぞれ異なる内部プログラム表現に対して機能し、異なる種類の情報を提供します。主要な 2 つのタイプは次のとおりです。

  • 制御フローとデータフローを追跡する Path チェッカー
  • コードスタイル解析を実行する KAST チェッカー

特定の指摘の検索が以下に依存する場合は、Path チェッカーを作成します。

  • 制御フローおよび制御フローパスの追跡
  • 値の追跡
  • 特定の実行ポイントでの値の制限

一方、KAST チェッカーはコード構造解析に基づきます。制御フローについての情報は KAST 解析中は使用できません。

前提条件

Klocwork Extensibility インターフェイスは Klocwork コマンドライン 機能の一部として Klocwork Product Portalからインストールされます。

Mac ユーザー:カスタムチェッカーを作成するには GCC コンパイラのワーキングバージョンが必要です。

Java KAST checker

Java KAST checker セクションでは、カスタム Java KAST checker の作成方法について説明します。そのセクションでは、KAST checker、例、構文リファレンス、および KAST checker 作成のプロセスを示すチュートリアルについて説明します。詳細については、Java KAST チェッカーの作成を参照してください。

Java Path チェッカー

同様に、Java Path チェッカーセクションでは、Path チェッカーの作成方法について説明します。詳細については、Java Path チェッカーの作成を参照してください。