EN JP CN

統合ビルドログファイルの表示

統合ビルドログファイルの表示

統合ビルドログファイルの表示

統合ビルドログファイルの表示

解析中には、コンソールのコマンドライン ( kwbuildproject ) から簡単なビルドログを表示できます。kwbuildproject に --colorオプションを指定した場合には、メッセージを色分けして表示することができます (エラーを赤で表示するなど)。簡単なビルドログには、ビルド段階 (コンパイルなど) の名前や処理したファイルなどの基本的な解析情報のみが含まれます。

解析後には、Klocwork サーバーの以下の場所にアクセスできるあらゆるマシンから複数のログファイルを表示できます。<projects_root>/projects/<project_name>/builds/<build_name>/

この場所に保存されている最も重要なログは、build.logparse_errors.logです。

Build_integration.log と呼ばれるもう 1 つの重要なビルド統合ログファイルは、お客様のプロジェクトのテーブルディレクトリに置かれます。

完全なビルドログ

完全なビルドログのbuild.log には、解析の完全な詳細情報が含まれています。このログには Klocwork Static Code Analysis からもアクセスできます。

Klocwork Static Code Analysis に最新ビルドのログを表示するには:

[プロジェクト] リストで、プロジェクトの [ログ] をクリックします。ブラウザーに最新ビルドのログが開きます。

以前のビルドのログを表示するには:

  1. [プロジェクト] リストで、プロジェクトをクリックします。右側にプロジェクトの詳細が表示されます。
  2. プロジェクト詳細で、[ビルド] をクリックします。[ビルド] ページが表示されます。
  3. 目的のビルドの [ログ] をクリックします。ブラウザーにログファイルが表示されます。

パースエラーログ

ビルドにパースエラーが含まれている場合、パースエラーに対応することが不可欠になります。パースエラーを生成する解析は、正確ではありません。parse_errors.log ファイルにエラーが含まれる場合は、Klocwork カスタマーサポートにお問い合わせください。

ビルド統合ログ

Build_integration.log と呼ばれるビルド統合ログは、ビルド処理の間に kwbuildproject コマンドが検出する重大なビルド統合エラーをリストします。解析結果を改善するために、このファイルにリストされたすべてのエラーを是正することを推奨します。

Build_integration.log ファイルは、お客様のプロジェクトのテーブルディレクトリにあります。たとえば以下のようになります:D:\Klocwork\Server 18.0\samples\demosthenes\demosthenes_winbuild\kwtables4\build_integration.log。

ログファイルのそれぞれのエラーの構文は次のようになります。たとえば KW_BI:24229983:Error:/server1/developer/space/dec4_rtd/config_xyz.cpp:4:11:"expected ';' at end of declaration"

KW_BI: の文字で始まり 8 桁の数字が続く
  • それぞれのエラーエントリは、
  • エラーへのファイルパスを含みます。
  • それには、ファイル内でエラーに関する特定のメッセージで終わる場所が含まれています。