EN JP CN

ソースビューアーの使用 Klocwork Static Code Analysis

ソースビューアーの使用 Klocwork Static Code Analysis

ソースビューアーの使用 Klocwork Static Code Analysis

ソースビューアーの使用 Klocwork Static Code Analysis

ソースビューアーは、Klocwork Static Code Analysisで検出された指摘を調べるための強力なツールです。ソースコードが行番号、構文強調、およびメニュー付きで表示されるので、ソースコードを理解しやすく、コード内で容易に移動できます。

ソースビューアーへのアクセス

ソースビューアーへのアクセス方法は 2 つあります。

  • 指摘個所のソースを表示するには、指摘リストで指摘の説明をクリックします。
  • ソースクロスリファレンス内からソースを表示するには、コンポーネントバーで xref をクリックし、表示したいエンティティに移動して、ビューでソースコードタブをクリックします。
    注: ソースコードタブは、選択したエンティティで使用できるソースコードがある場合にのみ表示されます。

ソースビューアーの使用

ソースビューアーの機能は、表示している指摘を含むもの以外は、デフォルトでは折りたたまれています。各機能は、個々に、またはソースビューアーの上部の展開/折りたたみボタン を使用してまとめて展開することができます。

検出された指摘にアクセスするときに、変数などのエンティティが、関数間やファイル全体でどのように使用されているかを追跡できるので便利です。ソースビューアーの右上隅に検索フィールドがあります。

変数などの不明のエンティティ (ハイパーリンクが設定されていない) をクリックすると、選択したものが自動的に検索フィールドに入力され、各インスタンスはファイル内でオレンジ色で強調されます。右余白のオレンジ色のマーカーは、ファイルの各エンティティのインスタンスを示します。

コードの 1 行全部がオレンジ色で強調される場合は、そのエンティティに一致するインスタンスが折りたたまれた機能にあることを示します。その機能を展開して、追加のエンティティの検索結果を表示します。

これらのオレンジ色マーカー、または検索フィールドの横にある [前へ] と[次へ] の矢印を使用すれば、エンティティの各インスタンスに移動できます。

ソース ビューアーのエンティティのハイライトは単語に対してのみ機能します。マルチワードエンティティ検索ハイライトはサポートされていません。

ヒント: 検索フィールドの + 記号は、全文一致検索を意味します。

赤色のマーカーは、現在のファイルでの検出された指摘を示します。

注: これらの赤いマーカーは、ソースクロスリファレンスソースビューアーでは表示されません。

型 (char、int、class、this など) とキーワード (const、static、return、while、if など) は暗い青色で表示されます。

include、define などのプリプロセッサディレクティブは暗い赤色です。緑色のインクルードファイルリンクをクリックすると、そのファイルに移動します。

既知のエンティティ識別子の確認

既知のエンティティ識別子 (ファイル識別子、クラス識別子など) は青色で表示されます。青字のテキストをクリックすると、次のポップアップメニューが開きます。

ポップアップメニューのオプションで、以下を行うことができます。

  • 宣言の表示 - ソースファイルでエンティティが宣言された場所を表示します
  • 実装の表示 - エンティティが実装された場所を表示します
  • ソースクロスリファレンス - ビューを展開して、エンティティがプログラム間で使用されている場所を表示します
  • 使用法の表示 - エンティティが参照されている場所を表示します
注: ポップアップメニューで [実装の表示] または [宣言の表示] をクリックすると、エンティティが実装された、または宣言されたソースコードの行が表示され、行番号が青色で強調されます。[ソースクロスリファレンス] をクリックすると、右ペインにエンティティの詳細が表示されます。
  • ファイル内で検索 - 検索フィールドに入力し、前述したのと同じスタイルで、ファイル内で各インスタンスが強調されます