EN JP CN

UF.OUT

UF.OUT

UF (Use Freed) 問題は、リソースが解放された後にリソースを使用する試みがある場合に報告されます。UF.OUT 警告は、出力ストリームが閉じられた後に出力ストリームの使用を試みていることを示します。

例 1

15     public boolean writeMeta(OutputStream stream) {
16         try {
17             stream.write("mystate".getBytes());
18         } catch (IOException e) {
19             return false;
20         } finally {
21             try {
22                 stream.close();
23             } catch (IOException e) {
24                 // do nothing
25             }
26         }
27         return true;
28     }
29 
30     public void saveState(final String path, final byte[] data) throws IOException {
31         final FileOutputStream stream = new FileOutputStream(path);
32         if (writeMeta(stream)) {
33             stream.write(data);
34         }
35     }

UF.OUT が 33 行目のスニペットについて報告されています。 22 行目で出力ストリーム 'stream' が閉じられた後、このストリームが使用されています。