EN JP CN

Java 解析のチューニング

Java 解析のチューニング

Java 解析のチューニング

Java 解析のチューニング

knowledge base (ナレッジベース) ファイルは、次の目的のために、Java Path チェッカーにコードシステムに関する詳細コンテキストを提供することで、特定チェッカーをカスタム化するためのメカニズムです。

  • Klocwork 解析結果における誤検知を低減
  • 問題のある特定指摘の報告を増加

Java knowledge base (ナレッジベース) ファイル (.jkb) を使用してソースをマークアップし、以下のために必要なコンテキストをこれらのチェッカーに提供します。

  • 指定されたコードパスに沿った特定指摘の有効性を評価して、誤検知を低減
  • これまで検出されなかった対象の指摘 (検知漏れ) を検出するために、考慮する必要があるコードパスを特定

Java Path knowledge base (ナレッジベース) ファイルは JKB 形式で記述されます。 これは Java に似た knowledge base (ナレッジベース) 指定用の宣言型言語です。

誤検知を低減するには、Klocwork 解析結果のトレースバック機能を使用して、目的を達成するために .jkb ファイルに含めるソースを特定できます。

誤検知を低減するためのチューニングは、最も一般的なチューニングシナリオです。検知漏れを低減するためのチューニングは、どちらかというと拡張性の活動です。独自の Java Path チェッカーの作成の詳細については、Java Path チェッカーの作成 を参照してください。

注: チューニングは Java Path チェッカーのみに可能です。

チューニングの変更内容を有効にするには、全ビルド完 解析を実行する必要があります。

Java knowledge base (ナレッジベース) (JKB)

Java knowledge base (ナレッジベース) (.jkb) ファイルは、指定された Klocwork 指摘チェッカーをチューニングして Java 解析結果の誤検知 (またはよりまれな検知漏れ) を低減するメカニズムです。

独自の Java Path チェッカーを作成する場合も、JKB ファイルが関係します。

JKB ファイルには、チェッカーの考慮事項に追加するか、考慮事項から排除する必要があるコードパスが含まれます。

Klocwork トレースバックは、チェッカーの考慮事項に追加するか、考慮事項から排除するコードパスの条件の判断に役立ちます。

条件を特定した後は、以下を含む JKB ファイルを使用してエンジンに条件を通信する必要があります。

  • 対象のメソッド
  • 次のようなアイテムの処理方法を示す JKB の注釈
  • @Bind (チューニングするチェッカーを指定)
  • @Check、@CheckTrue、@CheckFalse、および @Wipe (誤検知を低減するためのデータ検証を指定)
  • @Source、@Sink、および @Prop (追加指摘を報告)
注: JKB ファイルはプロジェクトのワークスペースから作成できるため、インポートする必要はありません。

注釈の詳細については、Java knowledge base (ナレッジベース) リファレンスを参照してください。

Java knowledge base (ナレッジベース) チューニングワークフロー図