EN JP CN

分類基準

分類基準

分類基準は解析結果の組織構造です。

分類基準を使用すると、ビルド解析の結果をさまざまな方法で表示できます。デフォルトでは次の 3 通りの分類基準があります。C と C++、Java、C#。各分類基準には複数のカテゴリが含まれ、各カテゴリには複数の指摘のタイプが含まれています。

Klocwork 管理者は、組織のレポートニーズに合わせた独自のチェッカーセットを使用して分類基準を作成できます。特定のチェッカーを複数の分類基準で表示できます。 たとえば、MISRA-C 分類基準の多くのチェッカーは MISRA-C++ 分類基準でも表示されます。

Klocwork 管理者は解析の実行と実行のに Klocwork チェッカーを編成して、新しい組織構成を Klocwork Static Code Analysis で直ちにレポート作成に使用できるようにします。connected desktop (コネクテッドデスクトップ) を使用しているデベロッパーは、検出された指摘を分類基準別にグループ化またはフィルターすることもできます。

方法の詳細については、統合ビルド解析用チェッカーの設定を参照してください。

Klocwork Static Code Analysis とconnected desktop (コネクテッドデスクトップ) に分類基準を適用および使用する方法の例を見るには、チュートリアル - 分類基準の作成と結果の表示 を参照してください。