EN JP CN

SV.TAINTED.DEREF

SV.TAINTED.DEREF

未検証ポインターの逆参照

入力データがユーザーまたは外部環境から受け入れられるときは常に、入力のタイプ、長さ、書式、および範囲を検証してから使用する必要があります。このデータが適切に検証されるまでは、そのデータは 汚染 していると言われます。SV.TAINTED ファミリーチェッカーは、コードでの汚染データの使用箇所を探します。

SV.TAINTED.DEREF チェッカーが、逆参照操作の汚染データを使用するコードにフラグを立てます。

脆弱性とリスク

コードへのポインター入力が適切に検証されておらず、逆参照操作で使用されると、結果として、禁止されているメモリ領域の読み書きを試行しようとします。その結果、プログラムクラッシュ、またはユーザーパスワードなど機密データを含む有効なメモリの場所を意図せず読み書きが行われます。これにより、潜在的なセキュリティホールに以下のような攻撃が行われる可能性があります:

  • 予期しない値を提供し、プログラムクラッシュを引き起こします。
  • 機密データを読み取ります。
  • 悪意のある入力を使用して、データを書き換えたり制御フローを変えたりします。
  • 過剰なリソース消費を引き起こします。
  • 任意のコマンドを実行します。

軽減と防止

汚染入力エラーを回避するには:

  • パラメーターや引数、クッキー、ネットワークから読み取られる入力、環境変数、逆 DNS ルックアップ、クエリ結果、ファイル名、データベース、および外部システムという、信頼されていない入力がソフトウェア内に入り込む可能性がある領域すべてを把握します。
  • ブラックリスト、つまり 既知の不良な 戦略だけを信頼するのではなく、入力のホワイトリスト、つまり 既知の良好な ポリシーを使用します。
  • 入力の該当するプロパティがすべて検証済みであることを確認します。 これには、長さ、タイプ、範囲、欠落しているか余計な入力、構文、および一貫性が含まれます。
  • アプリケーションのクライアント側でセキュリティチェックが実行される場合、サーバー側で複製されることを確認します。
  • アプリケーションで複数ソースからの入力が組み合わされる場合、ソースの組み合わせが完了したら検証を行います。

脆弱コード例 1

1  #include <sys/ipc.h>
2  #include <sys/shm.h>
3  #include <string.h>
4
5  #define SHMEM_SIZE 1024
6
7  typedef struct  S_ {
8        int  transaction_id;
9        int* id;
10       char* str;
11  } S;
12 
13  void  use_shared_mem_example(key_t shmem_key,  int  id) {
14        int  shmem_id = shmget(shmem_key, SHMEM_SIZE, IPC_CREAT);
15        S* s = (S*) shmat(shmem_id, NULL, 0);
16        if  (s != (S*) (-1)) {
17             *(s->id) = id;                               // dereference of untrusted pointer, flagged as SV.TAINTED.DEREF
18             strcpy (s->str,  "Sample signal string" );      // dereference of untrusted pointer via call, flagged as SV.TAINTED.CALL.DEREF
19        }
20        shmdt(( void *) s);
21  }

上記の例では、プロセス間で共有されるメモリへのポインターは直接、または関数呼び出しを介して逆参照されます。SV.TAINTED.DEREF と SV.TAINTED.CALL.DEREF の欠陥を昇格することにより、Klocwork はこれらの操作にフラグを立てます。

At line 17: [SV.TAINTED.DEREF] Unvalidated pointer 's->id' that is received from 'shmat' at line 15 is dereferenced at line 17.
At line 18: [SV.TAINTED.CALL.DEREF] Unvalidated pointer 's->str' that is received from 'shmat' at line 15 is dereferenced via a call to 'strcpy' at line 18.

コードのデベロッパーは、逆参照操作の前に、信頼できるポインター衛生を使用するよう推奨され、またはポインターの逆参照を避けます。

脆弱コード例 2

1  #include <string.h>
2
3  typedef struct  {
4          void  *data;
5  } request_t;
6
7  #define MAGIC_ADDRESS ((void*)0xdeadbeef)
8  #define MAGIC_SIZE 1024
9
10 char* get_sensitive_data();
11 void* read_from_port() {
12      // a library function known to return pointer to untrusted data
13      // for example, read from a fixed memory location
14      return  MAGIC_ADDRESS;
15 }
16
17 void  unsafe_dereference() {
18      request_t* req = read_from_port();
19      char* data = get_sensitive_data();
20      memcpy(req->data, data, MAGIC_SIZE);     // unsafe dereference inside the function, flagged by SV.TAINTED.CALL.DEREF
21 }
この例では、類似した汚染ポインターの逆参照 req->data がライン 20 で実行されます。Klocwork は SV.TAINTED.CALL.DEREF 警告を発し、潜在的なセキュリティ問題にフラグを立てます。
[SV.TAINTED.CALL.DEREF] Unvalidated pointer 'req->data' that is received from 'read_from_port' at line 18 is dereferenced via a call to 'memcpy' at line 20.

拡張機能

このチェッカーは、Klocwork knowledge base (ナレッジベース) を利用して拡張できます。詳細については、C/C++ 解析のチューニングを参照してください。