EN JP CN

SV.FMT_STR.PRINT_PARAMS_WRONGNUM.MANY

SV.FMT_STR.PRINT_PARAMS_WRONGNUM.MANY

表示関数呼び出しの引数が多すぎます

表示関数呼び出しの書式文字列には、書式指定にあるのと同じ数のパラメーターがあるはずです。SV.FMT_STR.PRINT_PARAMS_WRONGNUM.MANY チェッカーは、表示関数にあるパラメーターが書式文字列に指定された数より多い場合、コードにフラグを立てます。

脆弱性とリスク

変換指定の構文が不正確な場合は、動作が未定義となり、予期しない出力を生じる場合があります。

脆弱コード例

1  void foo(FILE* f, char* pc, int i, char c) {
2      fprintf(f, "%o", i, pc);    
3      fprintf(f, "%p", pc);
4  }

Klocwork は 2 行目でエラーを報告します。書式文字列の指定と対応パラメーターの数は同じでなければならないため、関数は、%o 指定用にパラメーターを 1 つのみ期待し、2 つ受け取ります。3 行目にはフラグがありません。 これは、書式文字列指定と対応パラメーターがそれぞれ 1 つあるためです。

修正コード例

1  void foo(FILE* f, char* pc, int i, char c) {
2      fprintf(f, "%o", i);    
3      fprintf(f, "%p", pc);
4  }

修正例では、2 行目には 1 つの指定と 1 つの対応パラメーターがあります。