EN JP CN

SV.FIU.PROCESS_VARIANTS

SV.FIU.PROCESS_VARIANTS

特権昇格への露呈

一部のプロセス作成システム呼び出しにより、ローカル権限昇格の危険にさらされています。これらの呼び出しは、ホストプロセスの特権で悪意のあるコードの実行を許可する攻撃に脆弱です。SV.FIU.PROCESS_VARIANTS チェッカーは、次のシステム呼び出しにフラグを立てます。

  • CreateProcess
  • CreateProcessAsUser
  • CreateProcessWithLogon
  • ShellExecute
  • ShellExecuteEx
  • WinExec
  • システム
  • _wsystem
  • _*exec*
  • _*spawn*

脆弱性とリスク

プロセス作成システム呼び出しに、プロセス作成 API を呼び出す前の位置に .exe 実行可能ファイルのフルパスが含まれていない場合、プロセス作成システム呼び出しが攻撃の機会の要因となります。検索パスの脆弱性により、ローカルユーザーは悪意のある .exe ファイルを使用して特権を取得できます。

軽減と防止

攻撃にさらされることを回避するには、次の操作を実行します。

  • fork、execve、および pipe を使用して、プロセスの実行を完全に制御します。
  • Win32 CreateProcess 関数、CreateProcessAsUser 関数、CreateProcessWithLogonW 関数では、実行している任意コマンドを回避するために null を最初のパラメーター lpApplicationName に渡さないでください。lpApplicationName が null でなければならない場合は、2 番目のパラメーター lpCommandLine のパスの前後に二重引用符を使用します。
CreateProcess(NULL, "\"C:\Program Files\foo.exe\" -L -S", ...)

詳細については、C ランタイムと Windows API がセキュリティに及ぼす影響 を参照してください。

脆弱コード例

1  #include <stdio.h>
2  #include <sys/types.h>
3  #include <sys/stat.h>
4  
5  int main(int argc, char *argv[]) {
6    int fd;
7  
8    if ((fd = open(argv[1], 0)) == -1) {
9      error("can't open %s", argv[1]);
10     return -1;
11   }
12   if (argc == 2) {/* execute command */
13     if (execlp ("/bin/sh/", "sh", "-c", argv[1], (char*) 0)) {
14 
15         /* some code */
16       } else {
17         error("can't execute %s", argv[1]);
18       }
19   }
20 }

Klocwork は 13行目で、関数 execlp の使用にフラグを立てます。このシステム呼び出しにより、悪意のある .exe ファイルを通じてローカル権限昇格の危険にさらされる可能性があります。

修正コード例

1  #include <stdio.h>
2  #include <sys/types.h>
3  #include <sys/stat.h>
4  
5  int main(int argc, char *argv[]) {
6    int fd;
7  
8    if ((fd = open(argv[1], 0)) == -1) {
9      error("can't open %s", argv[1]);
10     return -1;
11   }
12   if (argc == 2) {/* execute command */
13     if (execve ("/bin/sh/", "sh", "-c", argv[1], (char*) 0)) { 
14 
15         /* some code */
16       } else {
17         error("can't execute %s", argv[1]);
18       }
19   }
20 }

修正されたコードでは、関数 execlp は execve に置換されました。これにより、プロセス実行が制御され、特権昇格の可能性が排除されます。