EN JP CN

TeamCity プラグイン用 Klocwork のインストールと構成

TeamCity プラグイン用 Klocwork のインストールと構成

前提条件
  • Klocwork サーバーがインストールされ、起動されていることが必要です。
  • プロジェクト構成が、ビルド用に構成されていることが必要です。
  • TeamCity パッケージがインストールされ、構成されていることが必要です。
  1. kwteamcity プラグインを /.BuildServer/plugins にコピーします。たとえば、Linux の場合:
    ~/.BuildServer/plugins
    Windows の場合:
    %userprofile%\.BuildServer\plugins
    サーバーが起動したら、TeamCity UI を使用して、プラグイン zip ファイルをアップロードすることもできます。[管理]>[診断]>[データディレクトリー参照]の順に進みます。
    注: Klocwork サーバーを、TeamCity サーバーまたはエージェントと同じコンピューターにインストールする必要はありません。
  2. TeamCity サーバーおよびエージェントを、適切なコマンドを実行して起動させます。たとえば、Linux の場合:
    <Teamcity_install_dir>/bin/runAll.sh start
    Windows の場合:
    <Teamcity_install_dir>/bin/runAll.bat start
    TeamCity サービスのデフォルトポート番号は 8111 です。コンソールは、新規ユーザーの作成が可能になる、スーパーユーザーログインを表示します。
  3. エージェントが起動するまで、しばらくお待ちください。起動したら、TeamCity サーバーに接続されます。kwteamcity プラグインエージェントの部分が、エージェントに自動的にインストールされます。エージェントは、プラグインのインストールが完了すると、自動的に再起動します。インストールプロセスには、プラグインのダウンロードとインストールに、数分間かかる場合があります。
    注: Klocwork サーバーは、エージェントにインストールされる必要はありません。kwteamcity プラグインには、すべての必要な解析ツールがあります。
これらのステップが完了したら、TeamCity でビルドの解析を開始することができます。次のステップは、プロジェクトを作成して解析を有効にすることです。詳細については、TeamCity クイックスタートガイドを参照してください。