EN JP CN

冗長ライセンスサーバーの設定

冗長ライセンスサーバーの設定

大企業によっては、信頼性を確保するため、3 台のライセンスサーバーを同じ企業サブネットで実行する場合があります。冗長ライセンスサーバーを実行する場合は、Klocwork カスタマーサポートに問い合わせて特別なライセンスを取得してください。

冗長サーバーのライセンスは、各ホストの FLEXlm ホスト ID にロックされる必要があります。冗長サーバーライセンスの構文は、3 つの SERVER 行を持つという点において標準 Klocwork ライセンスファイルとは異なります。これらの追加の行を標準ライセンスファイルに単に追加することはできません。これらの行を追加しようとすると、ライセンスが破壊されます。冗長ライセンスファイルの最初の数行のサンプルを次に示します。

SERVER flex1.klocwork.com 000d602dbd58 27000

SERVER flex2.klocwork.com 000d603dbe62 27000

SERVER flex3.klocwork.com 000d814eFg99 27000

USE_SERVER

VENDOR klocwork

冗長ライセンスサーバーを設定するには:

  1. ライセンスサーバーの実行可能ファイルを (lmgrd) とKlocwork ベンダーデーモン (klocwork) を、冗長ライセンスファイルのコピーとともに各ホストに配置するか、3 台すべてのサーバーがアクセスできる共有の場所にライセンスを配置します。
    たとえば、次のようになります。
    C:\FLEXlm\Klocwork\Klocwork_license.lic
    <Server_install>\3rdparty\bin\lmgrd
    <Server_install>\3rdparty\bin\klocwork.exe
  2. -c オプションを使用してライセンスサーバーを起動します。たとえば、3 台すべてのマシンで次のコマンドを実行します。
    ./lmgrd -c license.lic -l lm.log
    
    または、完全パスを使用します。
    C:\FLEXlm\klocwork\lmgrd -c C:\FLEXlm\klocwork\klocwork_license.lic -l C:\FLEXlm\klocwork\lm.log
    
  3. Klocwork サーバーをホストするマシンで、コマンド kwservice set-service-property を使用してマスターライセンスサーバーのホスト名とポート番号を設定します。マスターライセンスサーバーとは、ライセンスファイル内の冗長ライセンスサーバーのリストにある最初のサーバーのことです。ネットワークの問題を防ぐため、完全修飾ドメイン名を使用してください。Klocwork サーバー設定の表示と変更を参照してください。
  4. Klocwork サーバーを起動するマシン上で、KLOCWORK_LICENSE_FILE 環境変数を次のように設定する必要があります。<license-host-1> は、3 つ組のマスターライセンスサーバーのホスト名です。
    1. Unix
      • サーバーが起動するシェル環境で変数を設定します。
      • 区切り文字としてコロン (:) を使用します。
      KLOCWORK_LICENSE_FILE=<license-port>@<license-host-1>:<license-port>@<license-host-2>:<license-port>@<license-host-3>
      
      Unix の例:
      KLOCWORK_LICENSE_FILE=27000@flex1:27000@flex2:27000@flex3
      
    2. Windows
      • システムレベルで変数を設定します。
      • 区切り文字としてセミコロン (;) を使用します。
      KLOCWORK_LICENSE_FILE=<license-port>@<license-host-1>;<license-port>@<license-host-2>;<license-port>@<license-host-3>
      
      Windows の例:
      KLOCWORK_LICENSE_FILE=27000@flex1;27000@flex2;27000@flex3
      
  5. Klocwork サーバーの起動の手順に従って Klocwork サーバーを起動します。
  6. Klocwork クライアント (ビルドツールや Klocwork プラグインなど) がライセンスサーバーに接続するすべてのマシンで、ステップ 4 に従って KLOCWORK_LICENSE_FILE 環境変数を設定します。

さまざまなタイプの冗長サーバー構成や lmgrd オプションの詳細については、FLEXlm ドキュメンテーションを参照してください。