EN JP CN

チェックイン後のコードレビューの設定

チェックイン後のコードレビューの設定

Code Review を最大限に活用するために、既存の SCM リビジョンをフィードにインポートして、リビジョン履歴を作成することができます。他のユーザーが、必要に応じてこれらの過去の履歴をレビューすることもできます。Code Reviewを SCM リビジョン履歴で更新するには、kwscmを使用してスクリプトを実行し、最新のリビジョンをインポートします。次のようにすれば、スクリプトをトリガーすることができます。
  • SCM コミットフック
  • 継続的解析ビルドトリガー (Jenkins のポストコミットフックなど)
  • スケジュール済みのタスクまたは cron ジョブ