EN JP CN

レポートタイプ

レポートタイプ

ダッシュボード

ダッシュボードは、構成が可能なマルチチャートのサマリーレポートです。このレポートを使用すると、デフォルトの Klocwork サマリーレポートと似ている独自のレポートをカスタマイズできます。

  • レイアウトは、1 つのサマリーレポートで 1 ~ 4 つの異なるレポートで構成されます。
  • レポートタイプは、ダッシュボードに表示される 1 ~ 4 つのレポートのいずれかとして設定できます。
  • そのレポートをすべてのプロジェクトでデフォルトのサマリーレポートにするには、すべてのプロジェクトにレポート選択を適用を選択します。そのサマリーレポートを特定のプロジェクトでのみデフオルトにするには、このオプションのチェックをオフにします。

指摘

このチャートは、複数のビルドにわたる、指摘の高レベルのビューを示します。

  • [X 軸] はどのフィールドにでも設定できます。
  • [シリーズ] はビルド以外のフィールドに設定できます
  • [フィルター] はビルド以外のフィールドに設定できます。

上位の指摘

このチャートは、ビルドに最も多い指摘の指摘タイプの指摘数を表示します。

  • [フィルター] はビルド以外のフィールドに設定できます。
  • 表示される円グラフのセグメントの最大数を設定するには、[上位:] フィールド (デフォルトは 10) に数値を入力します

修正活動

このチャートは、ビルド間で修正された指摘を表示します

  • [X 軸] はビルドに設定されています。
  • [シリーズ] はモジュールとして設定されています
  • [フィルター] は重要度、分類基準、モジュール、オーナーに設定できます。
  • また、チャートの上の [表示] ドロップダウンメニューでオプションを選択して、システムまたはデスクトップの指摘を分離できます。

カテゴリ別詳細

このレポートは、高密度ファイル/クラスの指摘の分布とサマリーをカテゴリ別に表示します。

  • [フィルター][ステータス] に設定されています
  • 行数は [テーブル行] ダイアログボックスで構成できます
  • レポートが表しているビルドは、[最新ビルド] ダイアログボックスをクリックして設定できます

更新バックログ

このチャートは、レビュー待ちの解析ステータスにある指摘の数と、修正待ちの要修正ステータスの指摘の数をユーザー別にまとめて表示します。

  • [X 軸] は名前や日付別のビルドに設定されています。
  • レポートが表しているビルドは、[ビルドの選択] リンクをクリックして設定できます
  • このレポートはビルド名と日付の両方を表示します。
    注: 開始日がビルドと重ならない場合は、選択した日付が表示されます。終了日が最新ビルド以降の場合、最後のラベルは「<build name> 以降」です。開始日と終了日の間にビルドがない場合は、日付だけが表示されます。

更新活動

このレポートは、最新ビルドのすべての更新、ステータス、長期にわたるステータス更新、バックログの明細、およびユーザーによるステータス更新を表示します。

複雑度の詳細

複雑なメソッド上位 15 のインスタンスの数と、指定した複雑度しきい値を超えるモジュールのリストを表示します (デフォルト:20)。

  • [X 軸] は既存のモジュールに設定されています。
  • しきい値は、[しきい値] フィールドに数値を入力してカスタマイズできます (デフォルトは 20)

複雑度トレンド

このチャートは、指定した循環的複雑度しきい値を超える関数またはクラス - メソッドの数を表示します (デフォルト:20)。

  • [X 軸] はビルドに設定されています。
  • [フィルター] はモジュールとオーナーに設定できます。
  • しきい値を設定するには、[しきい値:]フィールドに数値を入力します (デフォルトは 20)

モジュールサイズの傾向

このレポートは、空行とコメント行以外の合計コード行をプロジェクトまたはモジュール別に表示します。C/C++ ファイルの場合、このレポートはプリコンパイル後のコード行数を表示します。

  • [X 軸] はビルドに設定されています。
  • [シリーズ] はモジュールとして設定されています
  • [フィルター] はオーナーまたはモジュールとして設定できます。

変更量トレンド

このチャートは、以前のビルドと比較して、追加、削除、変更された特定のタイプのエンティティの数を表示します。

  • [X 軸] はビルドに設定されています。
  • [シリーズ] はモジュールとして設定されています
  • [フィルター] はモジュールとオーナーに設定できます。
  • [変更量タイプ] は、チャートに関する [チャーンタイプ] ドロップダウンメニューからオプションを 1 つ選択してカスタマイズできます。

プロジェクト構成

このレポートは、作成日、Klocwork のバージョン、基準となるコードメトリックなど、プロジェクトに関する情報を表示します。