EN JP CN

スタックしたライセンスの解除

スタックしたライセンスの解除

スタックしたライセンスとは、Klocwork ツールのどれかが予期しない方法で終了した場合に、使用できるライセンスのプールに戻されずにチェックアウトしたライセンスです。Klocwork ツールで 1 個以上のライセンスがチェックアウトして終了する場合、これらのライセンスが自動的にチェックバックされない場合があります。

スタックしたライセンスを解除するには、FlexNet Publisher ユーティリティ lmremove を使用します。これは Klocwork サーバーパッケージとともにインストールされています。

<server_install>/3rdparty/bin から、以下を実行します。

lmremove -c <license_file_list> <feature> <user> <user_host> <display>

フィールド

  • <license_file_list> はライセンスファイルを指定します。
  • <feature> は、ユーザーがチェックアウトした機能の名前です。
  • <user> は解除しようとするライセンスのユーザー名です。
  • <user_host> はそのユーザーがログインしたホストの名前です。
  • <display> はそのユーザーが作業しているディスプレイの名前です。
注: useruser_host、および display の情報は、lmstat の出力から取得する必要があります。使用中のライセンス数の確認を参照してください。

lmremove は、user_host 上の user インスタンスとfeatureの使用からdisplay インスタンスのすべてを削除します。

lmremove を開始すると、スタックしたライセンスを解除しますが、ライセンスのリンガータイムはオーバーライドされません。