EN JP CN

PORTING.OPTS

PORTING.OPTS

コンパイラ依存オプション

PORTING チェッカーは、異なるコンパイラ内で特定の実装詳細に依存する可能性があるコードを識別します。PORTING.OPTS チェッカーは、コンパイラ依存オプションが使用されている状況を検出します。

脆弱性とリスク

このチェッカーは、ユーザーがアクションを行う必要がある場合にコンパイラ依存のオプションの存在を警告します。移植が開始する直前にこのチェッカーを使用すると、コンパイラに渡される特定のスイッチに依存するビルドの部分を評価できます。これにより、新しいコンパイラにおける同等のスイッチを計画したり、システムのこれらのビルド部分を書き直したりすることができます。