EN JP CN

統合プロジェクトとビルドの管理

統合プロジェクトとビルドの管理

統合プロジェクトとビルドの管理

統合プロジェクトとビルドの管理

この記事には、プロジェクトおよびビルド管理タスクに関する情報が記載されています。アクセス制御が設定されている場合は、これらのタスクを行うには、管理パーミッションが必要です。

お使いになる前に

ステップ 1:統合プロジェクトを作成する

サーバーパッケージをインストールして Klocwork サーバーを起動した後、統合プロジェクトを作成します。これは、Klocwork でコードの作成作業を開始するのに必要です。

通常、統合ビルドごとに統合プロジェクトを作成します。

プロジェクトを作成するには、Klocwork Static Code Analysis にログインし、[プロジェクト] をクリックします (まだプロジェクトリストが表示されていない場合)。まだプロジェクトが作成されていない場合は、フィールドにテキストを入力します。プロジェクトが作成されている場合は、[プロジェクトの新規作成] をクリックします。ページにプロジェクト作成のヒントが表示されます。プロジェクトを作成すると、デフォルトでプロジェクト管理者の役割が割り当てられます。

ヒント: プロジェクトは、コマンド kwadmin create-project を使用して作成することもできます。

ステップ 2:ビルド設定をキャプチャする

このステップでは、Klocwork は、コードストリーム全体の一括ビューの表示に必要なすべての情報をキャプチャします。Klocworkは、この情報を build specification (ビルドスペック) という構造化されたビルドログに保存します。build specification (ビルドスペック) は解析の基盤です。

build specification (ビルドスペック) がビルドの正確かつ最新の情報を表していることは重要です。build specification (ビルドスペック) が不正確な場合、解析も不正確になります。

C/C++ | Java | C# | C/C++/C# の混合

ステップ 3:解析を実行する

有効な build specification (ビルドスペック) を作成したら、これを使用し、kwbuildproject を実行してプロジェクトを解析します。

C/C++ | Java | C# | C/C++/C# の混合

ステップ 4:データベースをロードする

結果をデータベースにロードします。

C/C++ | Java | C# | C/C++/C# の混合

ステップ 5:解析結果を表示する

Static Code Analysis に戻って解析結果を表示できるようになりました。プロジェクトリストを更新するには、[プロジェクト] をクリックします。

プロジェクト管理

Klocwork Static Code Analysis のプロジェクトリストを使用すると、次のようなプロジェクト管理タスクを実行できます。

  • プロジェクトの作成、名前変更、削除
  • ビューの管理
  • コードのモジュール編成
  • チェッカー設定
  • 構成ファイルの管理

プロジェクトのヒント

  • プロジェクトをクリックして、プロジェクトの詳細とプロジェクト間レポートとの間でトグルします。
  • 表示される項目を制限するプロジェクトリストは、テキストをフィルターフィールドに入力することによりフィルター処理できます。フィルターフィールドは、プロジェクト名、説明、タグを検索します。アクティブフィルターもプロジェクト間レポートに影響を及ぼします。プロジェクトリスト全体をもう一度表示するには、フィルターフィールドの隣の [x] をクリックします。
  • プロジェクトリストを編成するタグを使用します。プロジェクトリストのプロジェクトをクリックし、[編集] アイコンをクリックし、テキストをタグフィールドに追加します。タグをカンマで区切ります。保存されたタグをクリックすると、プロジェクトリストがフィルタ処理されます。
  • 問題を「解析」ステータスに絞り込む場合、解析のみタグをプロジェクトに適用します。プロジェクトリストでプロジェクトをクリックしてから [編集] アイコンをクリックし、さらに「ステータスの解析」リンクをクリックします。変更を保存し、当該プロジェクトの「新規」問題のリンクをクリックすると、問題リストが絞り込まれて、「解析」ステータスを持つ問題のみ表示します。このタグは、プロジェクト間レポートに表示されている問題の数に影響しません。
  • Static Code Analysis での新しい指摘の電子メール通知の取得。

Static Code Analysis にアクセスする方法は、Static Code Analysisへのアクセスを参照してください。

多くのプロジェクト管理タスクには、コマンドラインツール kwadmin を使用することもできます。

ビルド管理

Klocwork Static Code Analysis の [ビルド] ページを使用すると、次のようなビルド管理タスクを実行できます。

  • 選択したプロジェクトのビルドリストの表示
  • ビルドリストのフィルター処理
  • ビルド名の変更 (例: マイルストーンビルドのラベル付けをする場合)
  • ビルドの削除
  • ビルドリテンションポリシーの設定
  • ビルドログの表示

[ビルド] ページにアクセスするには、[プロジェクト] リストのプロジェクトをクリックし、[ビルド] をクリックします。

ヒント: ビルド管理タスクには、Web API またはコマンドラインツール kwadmin を使用することもできます。

ビルドリテンションポリシーの設定

統合ビルド解析データの保存に必要なスペースは、時間とともに巨大化します。デスクスペースを節約するには、次を行ってください。

  • kwadmin deletebuild または Web API を使用して、Static Code Analysisで個々のビルドを削除します。
  • 自動ビルド削除の有効化
    注: 自動ビルド削除を有効化するには、プロジェクト管理者の役割を持っている必要があります。

古いビルドの自動削除

  1. Static Code Analysis にログインします (まだログインしていない場合)。
  2. プロジェクトリストが表示されていない場合は、左上の [プロジェクト] をクリックします。
  3. リスト内のプロジェクトをクリックします。プロジェクトの詳細が表示されます。
  4. プロジェクト詳細で、[ビルド] をクリックします。
  5. [古いビルドを自動削除する] を選択します。
  6. デフォルトのしきい値設定が表示されます。デフォルトでは、20個 のビルドが保持されます。
  7. この数字を変更するには、鉛筆のアイコンをクリックして別の数字を入力します。

削除対象として設定した古いビルドは、次にビルドを作成したときに自動的に削除されます。

ヒント: kwadmin set-project-property で自動ビルド削除を有効にすることもできます。たとえば、MyProject の自動ビルド削除を有効にして、最近の 10 個のビルドを保持するには、次の操作を実行します。
kwadmin set-project-property MyProject auto_delete_threshold 10

kwadmin で自動ビルド削除をオフにするには、null 値を auto_delete_threshold に渡します。

kwadmin set-project-property MyProject auto_delete_threshold ""

特定のビルドが削除されないようにする

自動ビルド削除を有効にする場合は、特定のビルドが自動的に削除されないようにすることができます (たとえば、反復やマイルストーンビルドなど)。

  1. プロジェクトリストが表示されていない場合は、左上の [プロジェクト] をクリックします。
  2. リスト内のプロジェクトをクリックします。プロジェクトの詳細が表示されます。
  3. プロジェクト詳細で、[ビルド] をクリックします。
  4. ビルドの左側の鉛筆のアイコンをクリックします。
  5. [このビルドを自動削除しない] を選択します。
ヒント: 保存するビルドを指定するために、Web API を使用することもできます。