EN JP CN

Kwprojcopy

Kwprojcopy

kwprojcopy コマンドを使用して、サーバープロジェクトのコピーをエクスポートし、ローカルに格納します。また、kwprojcopy コマンドを使ってプロジェクトのコピーを別の projects_root ディレクトリにインポートすることができます。

kwprojcopy export

kwprojcopy export コマンドは、プロジェクトのコピーをエクスポートします。プロジェクト名は大文字と小文字を区別しますので、Klocwork Static Code Analysis にリストされる正確な名前を入力してください。

使用方法

kwprojcopy export --url <project_URL> <path> [--force]

フィールド

  • <project_URL> は http://<server_host>:<server_port>/<project> のURL 書式です。Klocwork サーバーセキュア接続が構成されている場合は、https:// を使用してください。
  • <path> は、このコマンドで作成されたプロジェクトアーカイブファイルへのパスです。

kwprojcopy export --url http://myserver:8080/myproject C:\copies\myproject_copy --force

ファイルを作成して、コマンドライン引数を指定することもできます。各引数は、独立した行になければなりません。引数ファイルにマルチバイト文字が含まれる場合、ファイルは UTF-8 でエンコードされている必要があります。

kwprojcopy export @<arguments_file>

オプション

デフォルトでは、export コマンドにはソースは含まれません。プロジェクトのフルコピーを作成する場合は、--includeSources オプションを使用してください。

名前短い名前説明
--force-f必要に応じて、既存のプロジェクトアーカイブを上書きします
--includeSources プロジェクトアーカイブにあるソースを含めます。デフォルトでは、ソースが含まれていません。

kwprojcopy import

kwprojcopy import コマンドを使うと、kwprojcopy export コマンドを使って先に作成したプロジェクトのコピーを抽出し、指定した projects_root ディレクトリにインポートすることができます。

前提条件

プロジェクトを新しい projects_root ディレクトリにインポートする前に、同じ名前を持つプロジェクトがないことを確認します。同じ名前のプロジェクトが既に存在する場合は、import コマンドを実行する前に競合するプロジェクトを削除してください。

また、プロジェクトのインポート先となる Klocwork Static Code Analysis サーバーのバージョンが、プロジェクトを抽出したサーバーと同じバージョンであることを確認します。プロジェクトをより新しい、またはより古いサーバーのバージョンにインポートすることはできません。

使用方法

kwprojcopy import --url <server_URL> <path> 

フィールド

  • <server_URL> は http://<server_host>:<server_port>/ のURL 書式です。Klocwork サーバーセキュア接続が構成されている場合は、https:// を使用してください。
  • <path> は、kwprojcopy export コマンドで作成されたプロジェクトアーカイブファイルへのパスです。

kwprojcopy import --url http://myserver:8080/ C:\copies\myproject_copy 

ファイルを作成して、コマンドライン引数を指定することもできます。各引数は、独立した行になければなりません。引数ファイルにマルチバイト文字が含まれる場合、ファイルは UTF-8 でエンコードされている必要があります。

kwprojcopy import @<arguments_file>