EN JP CN

Kwlogparser

Kwlogparser

kwlogparser コマンドで、ビルドログを Klocwork ビルドトレースに変換します。build trace (ビルドトレース) を build specification (ビルドスペック) に変換できます。

使用方法

kwlogparser [options] <parser> <build_log_file>

フィールド

  • [options] は、次の表に示した任意のオプションです。
  • <parser> は、ビルドで使用されるパーサーです。現在、Electric Cloud パーサーのみがサポートされています。このフィールドに許容される値は、emake-annotation です。
  • <build_log_file> はビルドログファイルです。現在は、Electric Cloud 注釈ファイル形式のみがサポートされています。

kwlogparser --output emake.trace emake-annotation emake.xml

この例では、emake.xml という名前の emake 注釈ログファイルが、emake.trace という名前の build trace (ビルドトレース) に出力されます。

オプション

名前短い名前説明
--cmd-line <parser> コマンドラインの解析に使用するパーサーのタイプを指定します。このオプションは、Cygwin の使用時に役立つ可能性があります。値:
  • shell (Unix Bourne 風シェル)
  • cmd (Windows cmd.exe)

Unix のデフォルト:shell

Windows のデフォルト:cmd

--config <file>-c<file> からフィルター構成を読み取ります。デフォルトは、<Klocwork_install>/config/kwfilter.conf です。kwfilter.conf およびコンパイラ設定ファイルの「プライベート」コピーを使用できるので、元のファイルを変更する必要はありません。C/C++ build specification (ビルドスペック) の作成 を参照してください。
--debug デバッグ情報を標準エラーに表示します
--help-hこのヘルプを表示して終了します
--output <file>-obuild trace (ビルドトレース) を <file> に書き込みます。デフォルト:kwlogparser.trace
--verbose-Vプログラム実行についての詳細情報を表示します。これは、エラーのトラブルシューティングに役立ちます
--version-vバージョンを表示して終了します