EN JP CN

Vim の Klocwork Refactoring

Vim の Klocwork Refactoring

Vim の Klocwork Refactoring

Vim の Klocwork Refactoring

C/C++ Klocwork Refactoring Plug-in for Vim は、コマンドラインツールデスクトップ解析パッケージの一部として使用できます。デスクトップ解析プラグインのインストールの詳細については、Klocworkのインストールを参照してください。

注: 次の手順は、kwcheck for C/C++ をお使いになる前にで説明したとおりに、Klocwork プロジェクトを既に設定してあることを前提としています。
注: VIM リファクタリングプラグインは名前変更をしなくなりました。

Vim 向けのリファクタリングプラグインのインストール

注: Vim 向けの C/C++ リファクタリングプラグインは、Vim 7.2 以降をサポートしています。

次のファイルをコピーします。<install path>Klocwork <Version> Command Line/plugins/kwrefactor.vim

次の場所のどちらかにコピーします。

  • (Unix) $HOME/.vim/plugin
  • (Windows) $HOME\vimfiles\plugin

フィールド$HOME は Vim が使用するホームディレクトリです。\vimfiles\plugin ディレクトリを、Vim ホームディレクトリの下に作成する必要がある場合があることに注意してください。

ヒント: ホームディレクトリは、次の Vim コマンドにより見つけることができます。
:echo $HOME

変数の設定

リファクタリングプラグインは、Klocwork コマンドラインツールがインストールされている場所、および build specification (ビルドスペック) の場所を認識している必要があります。build specification (ビルドスペック) は、プロジェクトのビルド設定を保存します。プラグインはこの情報を各 Vim セッション後に保存します。

build specification (ビルドスペック) が前のセッションで保存されていない場合、または保存されている build specification (ビルドスペック) が正しくない場合、リファクタリングプラグインが次の場所を検索します。

  1. .kwlp/buildspec.txtの現在のディレクトリ内
  2. kwinject.outの現在のディレクトリ内

build specification (ビルドスペック) が見つからなかった場合、リファクタリングプラグインは 1 ディレクトリ上に移動し、ポイント 1 から続行します。

コマンドラインツールインストールへのパスの指定

次のコマンドを使用して、Klocwork コマンドラインツールインストール環境へのパスを手動で指定します。

:SetKwHome <command_line_tools_install>

build specification (ビルドスペック) へのパスの指定

次のコマンドを使用して、Klocwork build specification (ビルドスペック) の場所を手動で指定します。

:SetKwSpec <build_specification_file>

リファクタリングプラグインの使用

新しい Vim セッションを開始し、カーソルを置くかコードをいくつか選択し、適切なリファクタリングを適用するだけです。

Vim では、次のようなホットキーを使用します。

コマンド ホットキー
ヘルプCtrl+k、h
抽出関数Ctrl+k、xf
インライン関数Ctrl+k、if
インライン変数Ctrl+k、iv
変数の導入Ctrl+k、nv
ヘッダーの最適化Ctrl+k、oh
名前の変更Ctrl+k、r
ヒント: gVim を使用している場合、右クリックして Klocwork メニューを試してみてください。

特定の例については、Klocwork Refactoring を参照してください。