EN JP CN

指摘ステータス

指摘ステータス

指摘管理プロセスの一部として、検出された指摘のそれぞれを解析し、その処理方法を示すステータスを割り当てます。このプロセスを "更新" と呼びます。

注: 指摘のステータスを変更するには、ユーザーにパーミッションが必要です。どのステータスでも自由に変更できる許可か、特定のステータスのみを変更する許可が与えられます。たとえば、あるユーザーグループには、"解析" ステータスの指摘を "修正" に変える許可のみが与えられます。
ステータス このステータスが示す指摘の状態...
解析レビューが必要 (デフォルトの初期ステータス)新しく検出された指摘にはすべて、このステータスが表示されます。これは変更するまで続きます。
無視 (Ignore)重要でないコード、たとえばテストコードで見つかった指摘 (有効無効を問わない) に使用
問題ではない誤検知。報告された指摘は有効ではありません。解析失敗に関連し、原因はビルド統合の問題であることが多い。報告された指摘が誤検知であると判断した場合は、指摘を解析し、必要に応じてこのエンジンを改良できるように、Customer Support Request (CSR) の開始をお勧めします。
要修正早急に修正すべき有効な指摘
次のリリースで要修正ほとんど無害で、リスクなしにコードベースに残しておけるが、なるべく早く処置すべき有効な指摘
将来のリリースで要修正完全に無害で、リスクなく無期限にコードベースに残しておける有効な指摘
保留他のユーザーと話し合うか、セキュリティチームなどに上申して最終判断を待つ必要のある有効な指摘
フィルター (Filter)Klocwork フィルターファイルの旧バージョンと互換性を保つために提供