EN JP CN

Mac への Klocwork サーバーパッケージのインストール

Mac への Klocwork サーバーパッケージのインストール

Mac への Klocwork サーバーパッケージのインストール

Mac への Klocwork サーバーパッケージのインストール

このページでは、インストーラを使用して Klocwork サーバーパッケージをインストールする手順について説明します。

お使いになる前に

アップグレードですか?前バージョンからのアップグレードを参照してください。

ソフトウェアはどこで入手できますか?

パッケージKlocwork サポートからダウンロードします。通常は、組織内で Klocwork Developer Network へのアクセス権限を持っているのは 1 人か 2 人のユーザーだけです。アクセス権限がない場合は新しいアカウントを登録してください。

ライセンスが必要です。まだ持っていない場合は、ライセンスの取得を参照してください。

前提条件

  • JVM バージョン:マシンに Java 7 以降をインストールしてから、Klocwork サーバー パッケージまたはデスクトップ解析プラグインをインストールする必要があります。以前の JVM バージョンがインストールされている状態でサーバーをインストールしようとすると、「Version of Java is too old」というエラーメッセージが表示されます。
  • アクセスレベル:Mac パッケージのインストール時には、Administrator アクセス権限が必要です。
  • 組織で GCC を使用している場合、正しいバージョンのコンパイラが PATH にあることを確認してから、インストール プログラムを実行してください。GCC コンパイラを PATH に含めると、作成するプロジェクトすべての標準 GCC ライブラリと定義へのデフォルト リンクが自動的に作成されます。標準ライブラリと定義を除外することで、特定のプロジェクトまたはビルドのデフォルト値をだれでもオーバーライドできることに注意してください。組織で GCC を使用していない場合、インストール プログラム実行時に GCC を PATH に含めないでください。

デフォルトの設定およびインストール ディレクトリ

  • Klocwork サーバーおよびデスクトップ解析パッケージは、/Applications/および /Library/Frameworks/ ディレクトリにインストールされます。
  • /usr/local/kw/ にあるシンボリック リンクを使用して、コマンド ライン ツールにアクセスします。
  • projects_root ディレクトリを指定すると、デフォルトで /Users/Shared/Klocwork/projects_root/ にインストールされます。
  • Klocwork サーバーは、localhost に設定され、デフォルトのポートで実行されます。
  • Klocwork サーバーとデータベースサーバーは、同じマシン上で実行する必要があります。

サーバー設定をオーバーライドし、インストール中に projects_root が作成される場所を指定できます。

インストールパッケージの実行

Klocwork サーバーのインストールパッケージを、プロンプトに従って実行します。次の点に注意してください。

  • [サーバー設定] 画面で次のことが調整できます。
    • projects_root ディレクトリの場所
    • Klocwork およびデータベースサーバーのポート
  • インストール時に、ローカルにインストールされたライセンスサーバーを使用する ([ローカル]) のか、それともリモートライセンスサーバーに接続する ([リモート]) のかを指定します。ローカルはデフォルトオプションであり、ライセンスファイルを参照することが必要です。[リモート] を選択した場合、ライセンスサーバーのホスト名とポート番号を指定する必要があります。

トラブルシューティング

コンソール ([Applications] > [Utilities] の順に選択) または /var/log/install.log から、インストールログをチェックします。

サーバーの起動

kwservice start を使用してサーバーを起動します。

kwservice --projects-root <projects_root> start 
フィールド <projects_root> は、インストール時に指定した projects_root ディレクトリです。

kwservice --projects-root /space/klocwork/projects_root start 

サーバーが起動したことを示すメッセージが表示され、サーバー ホスト名およびポート番号、そして projects_root へのパスが示されます。たとえば、次のようになります。

Using projects root: /space/klocwork/projects_root Local Host is: serverxyz.com [13.1.1.142] 
Starting License Server [started on serverxyz.com:27000] (projects root is /space/klocwork/projects_root) 
Starting Database Server [started on serverxyz.com:3306] (projects root is /space/klocwork/projects_root) 
Starting Klocwork Server [started on serverxyz.com:8080] (projects root is /space/klocwork/projects_root)

ログイン先 Klocwork Static Code Analysis

Klocwork サーバーを開始した後、Klocwork Static Code Analysis は、Klocwork サーバー ホスト名の URL と、インストール時に選択した Klocwork サーバー ポート (たとえば、server21:8080) を使用してアクセスできます。デフォルトでは、Klocwork をインストールした人が Klocwork 管理者になり、プロジェクト root 管理者の役割に割り当てられます。最初は、基本認証アクセス制御メソッドが使用されるので、パスワードなしでログインできます。たとえば、インストール時に使用したユーザー アカウントが jsmith の場合、管理者の役割で Static Code Analysis にログインするには、次の資格情報を使用します。
username: jsmith
password: <empty>
セキュリティと認証方法の詳細については、セキュリティとパーミッション を参照してください。