EN JP CN

測定と管理

測定と管理

Klocwork Static Code AnalysisKlocwork の Web インターフェイスで、プロジェクト管理、レポート、指摘管理、ユーザー管理などに使用します。

レポートとメトリック

Klocwork Static Code Analysis マネージャーは を使用すると、チームの生産性を表すレポートやメトリックにアクセスして、潜在的な問題エリアに対処できるようになります。自動的に生成されるレポートがいくつかありますが、注意を払いたい事項に重点を置いたカスタムレポートを作成することもできます。詳細については、レポートをお使いになる前に Klocwork Static Code Analysisを参照してください。

指摘の調査と更新

このセクションでは、統合ビルド解析で検出された指摘のリストに対処する方法を学ぶことができます。Static Code Analysis使用すると、指摘のリストをレビューしたり、原因を調査したり、指摘を適宜修正したり更新したりすることができます。詳細については、統合ビルドの指摘の調査と更新を参照してください。

ソースクロスリファレンス

コード内の各要素がどこで使用されアクセスされているかを確認するために使用されるツール。詳細については、以下を参照してください: ソースクロスリファレンス

統合プロジェクトとビルドの管理

プロジェクト、ビュー、モジュール、チェッカー、構成ファイルの管理といったプロジェクト管理タスクの実行方法について説明します。詳細については、以下を参照してください: プロジェクト管理

構成ファイルを作成または編集して、カスタムの分類基準やメトリック構成などを制御する方法について説明します。詳細については、以下を参照してください: 統合プロジェクト用構成ファイルの管理

カスタムビューを作成して、Klocwork Static Code Analysis の指摘とレポートの表示内容を制御する方法について説明します。詳細については、以下を参照してください: 統合ビルド解析のビューのカスタマイズ