EN JP CN

.jsp ファイルの build specification (ビルドスペック) ファイルの形式

.jsp ファイルの build specification (ビルドスペック) ファイルの形式
このトピックの内容:

.jsp ファイル用の Klocwork build specification (ビルドスペック) ファイルは、kwwebappscan により生成されるセミコロンで区切られたテキストファイルで、次の情報が含まれています。

  • jspconfig 行で特定されるオプションのアプリケーションサーバー設定
  • jspcompile 行で特定される、解析する Web アプリケーション

この情報は、プロジェクトの Web の各アプリケーションで繰り返されます。たとえば、次のようになります。

version;105 jspconfig;config1;appserver.name=tomcat_6_0;appserver.location=d:\test\tomcat_6.0.14 jspcompile;config1;D:\test\webgoat.war.unpacked

各行の最初のフィールドは、行のタイプを識別するタグです。使用されるタグは次のとおりです。

タグ 説明
versionbuild specification (ビルドスペック) 形式のバージョン
jspconfigオプションのアプリケーションサーバー設定
jspcompile解析対象の Web アプリケーション

バージョン行

バージョン行は、build specification (ビルドスペック) 形式のバージョンを定義するために使用されます。これは build specification (ビルドスペック) の最初の行にする必要があります。build specification (ビルドスペック) に使用できるバージョン行は 1 行のみです。

バージョン行の例:

version;105

バージョン 1.4 以降は、build specification (ビルドスペック) がソースエンコーディングに UTF-8 を使用して生成され、マルチバイト文字 (日本語など) が許可されていることを示します。kwbuildproject により build specification (ビルドスペック) が UTF-8 エンコーディングで処理されることを保証するには、バージョンが version;104 以降である必要があります。

jspconfig 行

jspconfig 行は、デフォルト以外のアプリケーションサーバーを特定するために使用されます。kwwebappscan コマンドラインにアプリケーションサーバーが指定されていない場合、jspconfig 行は次のようになります。

jspconfig;config1

kwwebappscan コマンドラインにデフォルト以外のアプリケーションサーバーが指定されている場合の jspconfig 行の例:

jspconfig;config1;appserver.name=tomcat_6_0;appserver.location=d:\test\tomcat_6.0.14

フィールドは次のとおりです。

フィールド 説明
jspconfig タグjspconfig 行のタグ
設定この設定に割り当てられた名前
オプションアプリケーションサーバー設定 (名前と場所)

jspcompile 行

各 jspcompile 行は、1 つの Web アプリケーションをポイントするために使用されます。

jspcompile 行の例:

jspcompile;config1;D:\test\webgoat.war.unpacked

フィールドは次のとおりです。

フィールド 説明
jspcompile タグjspcompile 行のタグ
設定この設定に割り当てられた名前
Web アプリケーションWeb アプリケーションのパス