EN JP CN

C# プロジェクトの build specification (ビルドスペック) ファイルの形式

C# プロジェクトの build specification (ビルドスペック) ファイルの形式
このトピックの内容:

C# プロジェクト用の Klocwork build specification (ビルドスペック) は、<input-file>.out というデフォルト名のセミコロンで区切られたテキストファイルです。

build specification (ビルドスペック) はコンパイル単位に分割されており、それぞれに "cscompile" と"csconfig" 行が含まれています。これらの各コンパイル単位には、CS<number> という形式の一意の識別子があります (CS1、CS2 など)。

最初のフィールドは、行のタイプを識別するタグです。使用されるタグは次のとおりです。

タグ 説明
versionbuild specification (ビルドスペック) 形式のバージョン
csconfigユーザーのコンパイラ設定
cscompileコンパイラの実行を追跡するために使用

バージョン行

バージョン行は、build specification (ビルドスペック) 形式のバージョンを定義するために使用されます。これは build specification (ビルドスペック) の最初の行にする必要があります。build specification (ビルドスペック) に使用できるバージョン行は 1 行のみです。

バージョン行の例:

version;105

バージョンを示すコードには、3 桁の整数を使用します。最初 (左側) の桁はメジャーバージョン (上の例の "1") を示し、最後の 2 桁はマイナーバージョン (上の例の "05") を示します (フルバージョンコードは "1.5")。

csconfig 行

csconfig 行は、ネイティブコンパイラにより使用される設定を記録するために使用されます。

csconfig 行の例 (一部省略):

csconfig;CS2;D:\WBFSManager\trunk\libwbfsNET;/define:DEBUG,TRACE;/reference:C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\System.dll,...C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\System.Xml.dll

フィールドは次のとおりです。

フィールド 説明
"csconfig" タグconfig 行のタグ
コンパイル IDcsconfig 行を cscompile 行にバインドするために使用されるコンパイル単位の一意の識別子 (CS2 など)
ソースプロジェクトディレクトリC# プロジェクトを含むディレクトリのパス (D:\WBFSManager\trunk\libwbfsNET など)
コンパイラオプションC# 解析エンジンのセミコロン区切りリスト (/define:DEBUG,TRACE など)

cscompile 行

cscompile 行はコンパイラの実行を追跡するために使用されます。

cscompile 行の例:

cscompile;CS2;bin\Debug\libwbfsNET.dll;WbfsIntermWrapper.cs;Properties\AssemblyInfo.cs

フィールドは次のとおりです。

フィールド 説明
"cscompile" タグコンパイル行のタグ
コンパイル IDcsconfig 行を cscompile 行にバインドするために使用されるコンパイル単位の一意の識別子 (CS2 など)
DLL または exeDLL または実行可能ファイルのパス (上の例の bin\Debug\libwbfsNET.dll)
ソースファイルプロジェクトのソースファイルのセミコロン区切りリスト (WbfsIntermWrapper.cs;Properties\AssemblyInfo.cs など)