EN JP CN

レポートのフィルター

レポートのフィルター

フィルターを使用すると、レポートの特定の変数に重点を置くことができます。レポートを表示するユーザーが使用できるフィルターを指定します。これらのフィルターは、ダッシュボード内に含まれるすべてのレポートに適用されます。フィルターは

  • レポートを作成するときに指定する
  • レポートを表示するときに使用する

レポートは、ユーザー、状態、タグ、タイプでフィルターすることができます。たとえば、'tag' フィルターを追加することで、レポートを表示しているユーザーが、関係のあるタグが付いたコードレビューのみを表示できるようにすることができます。

'State' フィルターの使用

状態フィルターをカスタマイズして、次のように表示されるようにすることができます。
  • リビジョン状態:リビジョンの現在の状態 (未割り当て、保留、承認済み、拒否済みがあります)
  • アクション状態:コードレビューの現在のアクション状態 (未解決か解決済み)
  • レビュー状態:コードレビューの現在のレビュー状態 (保留、承認済み、拒否済みがあります)

'User' フィルターの使用

ユーザーフィルターをカスタマイズして、次のように表示されるようにすることができます。
  • ユーザー:コードレビューに関係している任意のユーザー
  • 差出人:コードレビューを送信した任意のユーザー
  • 宛先:コードレビューを依頼されたユーザー
  • 作成者:ファイルの元の作成者
  • 担当:現在のファイル状態を担当しているユーザー
  • コミット者:コードレビューをコミットしたユーザー
  • レビュー担当者:ファイルのレビューを担当しているユーザー