EN JP CN

サーバーおよび任意のビルドマシンへのチェッカーパッケージの展開

サーバーおよび任意のビルドマシンへのチェッカーパッケージの展開

カスタムチェッカーを展開するには、チェッカーパッケージを Klocwork サーバーと各ビルドマシンにインストールする必要があります。

  1. チェッカーパッケージ zip ファイルを Klocwork サーバーの <projects_root>/plugins ディレクトリにコピーします。このディレクトリがない場合は、作成します。

    C/C++ チェッカーがプラットフォーム固有の場合は、zip ファイルを <projects_root>/plugins/<platform-name> にコピーします。プラットフォーム名のリストは、カスタムチェッカーの展開を参照してください。

    C# チェッカーを展開する場合は、zip ファイルを <projects_root>/plugins/csharp にコピーします。

  2. 新しいチェッカーをサーバーに展開するには、kwdeploy sync コマンドを実行し、--url オプションで Klocwork サーバーホストマシンを指定します。
    kwdeploy sync [--url http(s)://<host>:<port>]
    
    システムがチェッカーを <server-install>/plugins ディレクトリに追加します。
  3. 新しいチェッカーを各ビルドマシンに展開するには、kwdeploy sync コマンドを実行し、--url オプションでビルドマシンを指定します。ビルドマシンごとにこのステップを繰り返します。
    kwdeploy sync [--url http(s)://<host>:<port>]
    
    注: ディレクトリが更新されたことを示すメッセージが表示されない場合は、コマンドを再度実行します。
  4. kwbuildproject で統合ビルド解析を実行します。
    kwbuildproject --tables-directory <dir> [<options>] <build_specification> 
    
  5. connected desktop (コネクテッドデスクトップ) ユーザーに Klocwork サーバーと同期し、IDE で、または kwcheck を使用してデスクトップ解析を実行するように指示します。
ヒント: ビルドスクリプトの先頭にkwdeploy sync コマンドを --url オプション付きで追加してこのプロセスを自動化し、ビルドマシンが常にサーバーと同期していることを確認します。