EN JP CN

Klocwork C および C++ チェッカーにマッピングされた CWE ID

Klocwork C および C++ チェッカーにマッピングされた CWE ID

マッピングは CWE の最新バージョンに基づきます。

CWE ID Klocwork 指摘コードと説明
20

MISRA.STDLIB.ATOI ライブラリ stdlib.h から 'atof'、'atoi' または 'atol' が使用されています

SV.BANNED.RECOMMENDED.SCANF  禁止が推奨されているAPI: 安全でない scanf 型関数

22

SV.DLLPRELOAD.NONABSOLUTE.DLL  DLL プリロードのハイジャック ベクターの可能性

SV.DLLPRELOAD.NONABSOLUTE.EXE  プロセスインジェクションベクターの可能性

SV.DLLPRELOAD.SEARCHPATH  DLL の検索に SearchPath の使用は推奨されません

SV.TAINTED.PATH_TRAVERSAL  パストラバーサルでの未検証データの使用

23

SV.DLLPRELOAD.NONABSOLUTE.DLL  DLL プリロードのハイジャック ベクターの可能性

SV.DLLPRELOAD.NONABSOLUTE.EXE  プロセスインジェクションベクターの可能性

SV.DLLPRELOAD.SEARCHPATH  DLL の検索に SearchPath の使用は推奨されません

73

SV.DLLPRELOAD.NONABSOLUTE.DLL  DLL プリロードのハイジャック ベクターの可能性

SV.DLLPRELOAD.NONABSOLUTE.EXE  プロセスインジェクションベクターの可能性

SV.DLLPRELOAD.SEARCHPATH  DLL の検索に SearchPath の使用は推奨されません

SV.TOCTOU.FILE_ACCESS  ファイル アクセス時の作成日時/使用日時の競合状態

77

SV.CODE_INJECTION.SHELL_EXEC  シェル実行へのコマンドインジェクション

SV.TAINTED.INJECTION  コマンドインジェクション

78

NNTS.TAINTED  未検証のユーザー入力が原因のバッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

SV.CODE_INJECTION.SHELL_EXEC  シェル実行へのコマンドインジェクション

SV.TAINTED.INJECTION  コマンドインジェクション

88

NNTS.TAINTED  未検証のユーザー入力が原因のバッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

SV.CODE_INJECTION.SHELL_EXEC  シェル実行へのコマンドインジェクション

SV.TAINTED.INJECTION  コマンドインジェクション

114

SV.DLLPRELOAD.NONABSOLUTE.DLL  DLL プリロードのハイジャック ベクターの可能性

SV.DLLPRELOAD.NONABSOLUTE.EXE  プロセスインジェクションベクターの可能性

SV.DLLPRELOAD.SEARCHPATH  DLL の検索に SearchPath の使用は推奨されません

119

ABV.ANY_SIZE_ARRAY  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

ABV.ITERATOR  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外の可能性

ABV.STACK  バッファオーバーフロー - ローカル配列インデックスが範囲外

ABV.TAINTED  未検証の入力によるバッファオーバーフロー

NNTS.MIGHT  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

NNTS.MUST  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

SV.STRBO.BOUND_COPY.OVERFLOW  バインドされた文字列コピーでのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.BOUND_COPY.UNTERM  次の文字列演算でバッファオーバーフローの可能性があります

SV.STRBO.BOUND_SPRINTF  バインドされた sprintf でのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.UNBOUND_COPY  バインドされていない文字列コピーでのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.UNBOUND_SPRINTF  バインドされていない sprintf でのバッファオーバーフロー

SV.TAINTED.LOOP_BOUND  ループ条件での未検証の整数の使用

120

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

ABV.MEMBER  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

NNTS.MIGHT  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

NNTS.TAINTED  未検証のユーザー入力が原因のバッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

SV.STRBO.UNBOUND_COPY  バインドされていない文字列コピーでのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.UNBOUND_SPRINTF  バインドされていない sprintf でのバッファオーバーフロー

SV.UNBOUND_STRING_INPUT.CIN  バインドされていない文字列入力についての cin の使用法

SV.UNBOUND_STRING_INPUT.FUNC  バインドされていない文字列入力の使用法

121

ABV.STACK  バッファオーバーフロー - ローカル配列インデックスが範囲外

122

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

ABV.STACK  バッファオーバーフロー - ローカル配列インデックスが範囲外

129

ABV.TAINTED  未検証の入力によるバッファオーバーフロー

SV.TAINTED.ALLOC_SIZE  メモリ割り当て時の未検証の整数の使用

SV.TAINTED.CALL.INDEX_ACCESS  関数呼び出し時の配列インデックスとしての未検証の整数の使用

SV.TAINTED.INDEX_ACCESS  配列インデックスとしての未検証の整数の使用

131

INCORRECT.ALLOC_SIZE  不適切な割り当てサイズ

134

SV.FMTSTR.GENERIC  書式文字列の脆弱性

SV.TAINTED.FMTSTR  書式文字列での未検証データの使用

135

SV.FMT_STR.BAD_SCAN_FORMAT  入力書式指定子エラー

170

NNTS.MIGHT  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

NNTS.MUST  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

NNTS.TAINTED  未検証のユーザー入力が原因のバッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

SV.STRBO.BOUND_COPY.OVERFLOW  バインドされた文字列コピーでのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.BOUND_COPY.UNTERM  次の文字列演算でバッファオーバーフローの可能性があります

SV.STRBO.BOUND_SPRINTF  バインドされた sprintf でのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.UNBOUND_SPRINTF  バインドされていない sprintf でのバッファオーバーフロー

176

ABV.UNICODE.BOUND_MAP  文字関数のマッピング時のバッファオーバーフロー

ABV.UNICODE.FAILED_MAP  関数のマッピングに失敗します

ABV.UNICODE.NNTS_MAP  文字関数のマッピング時のバッファオーバーフロー

ABV.UNICODE.SELF_MAP  関数のマッピングに失敗します

190

ABV.TAINTED  未検証の入力によるバッファオーバーフロー

NUM.OVERFLOW  オーバーフローの可能性

SV.TAINTED.ALLOC_SIZE  メモリ割り当て時の未検証の整数の使用

SV.TAINTED.BINOP  バイナリ演算での未検証整数値の使用

SV.TAINTED.CALL.BINOP  バイナリ演算での未検証整数値の使用

SV.TAINTED.CALL.INDEX_ACCESS  関数呼び出し時の配列インデックスとしての未検証の整数の使用

SV.TAINTED.INDEX_ACCESS  配列インデックスとしての未検証の整数の使用

192

MISRA.CAST.INT 自明ではない整数式が広い型または別の符号を持つ型にキャストされています

MISRA.CAST.UNSIGNED_BITS unsigned char または short でのビット演算の結果は元の型にキャストできません

MISRA.CVALUE.IMPL.CAST 暗黙の型変換で符号、型サイズ、型の違いにより情報の損失を起こす記述があります。

MISRA.UMINUS.UNSIGNED 単項マイナス演算子が符号なしオペランドに対して使用されています。

PRECISION.LOSS  精度の損失

PRECISION.LOSS.CALL  関数呼び出し中の精度の損失

SV.BANNED.RECOMMENDED.SCANF  禁止が推奨されているAPI: 安全でない scanf 型関数

193

NNTS.MIGHT  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

NNTS.MUST  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

SV.STRBO.BOUND_COPY.OVERFLOW  バインドされた文字列コピーでのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.BOUND_COPY.UNTERM  次の文字列演算でバッファオーバーフローの可能性があります

SV.STRBO.BOUND_SPRINTF  バインドされた sprintf でのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.UNBOUND_COPY  バインドされていない文字列コピーでのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.UNBOUND_SPRINTF  バインドされていない sprintf でのバッファオーバーフロー

195

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

197

MISRA.CAST.INT 自明ではない整数式が広い型または別の符号を持つ型にキャストされています

MISRA.CAST.UNSIGNED_BITS unsigned char または short でのビット演算の結果は元の型にキャストできません

MISRA.CVALUE.IMPL.CAST 暗黙の型変換で符号、型サイズ、型の違いにより情報の損失を起こす記述があります。

MISRA.UMINUS.UNSIGNED 単項マイナス演算子が符号なしオペランドに対して使用されています。

PRECISION.LOSS  精度の損失

PRECISION.LOSS.CALL  関数呼び出し中の精度の損失

242

SV.FIU.PROCESS_VARIANTS  危険なプロセス作成の使用

SV.PIPE.VAR  パイプのハイジャックの可能性

SV.STRBO.UNBOUND_COPY  バインドされていない文字列コピーでのバッファオーバーフロー

SV.STRBO.UNBOUND_SPRINTF  バインドされていない sprintf でのバッファオーバーフロー

SV.UNBOUND_STRING_INPUT.CIN  バインドされていない文字列入力についての cin の使用法

SV.UNBOUND_STRING_INPUT.FUNC  バインドされていない文字列入力の使用法

SV.USAGERULES.PROCESS_VARIANTS  危険なプロセス作成関数の使用

247

SV.USAGERULES.SPOOFING  スプーフィングの影響を受けやすい関数の使用

250

SV.FIU.PROCESS_VARIANTS  危険なプロセス作成の使用

SV.USAGERULES.PERMISSIONS  特権の昇給の使用

SV.USAGERULES.PROCESS_VARIANTS  危険なプロセス作成関数の使用

251

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

252

SV.RVT.RETVAL_NOTTESTED  戻り値の無視

253

SV.RVT.RETVAL_NOTTESTED  戻り値の無視

272

SV.BRM.HKEY_LOCAL_MACHINE  レジストリ操作関数の 'hkey' とパラメーターしての HKEY_LOCAL_MACHINE の使用

273

SV.FIU.PROCESS_VARIANTS  危険なプロセス作成の使用

SV.USAGERULES.PERMISSIONS  特権の昇給の使用

284

SV.LPP.CONST  危険な関数についての安全でないマクロの使用

SV.LPP.VAR  危険な関数についての安全でないパラメーターの使用

290

SV.WEAK_CRYPTO.WEAK_HASH  弱ハッシュ関数

326

SV.USAGERULES.SPOOFING  スプーフィングの影響を受けやすい関数の使用

327

RCA  危険な暗号化アルゴリズムが使用されています

SV.WEAK_CRYPTO.WEAK_HASH  弱ハッシュ関数

362

SV.TOCTOU.FILE_ACCESS  ファイル アクセス時の作成日時/使用日時の競合状態

366

CONC.DL  デッドロック

367

SV.TOCTOU.FILE_ACCESS  ファイル アクセス時の作成日時/使用日時の競合状態

377

SV.PCC.CONST  CreateFile の呼び出し時に安全でない (定数) テンポラリファイルの名前が使用されています

SV.PCC.INVALID_TEMP_PATH  CreateFile の呼び出し時に安全でないテンポラリファイルの名前が使用されています

SV.PCC.MISSING_TEMP_CALLS.MUST  CreateFile の呼び出し時に安全なテンポラリファイルの名前が欠落しています

SV.PCC.MISSING_TEMP_FILENAME  CreateFile の呼び出し時にテンポラリファイルの名前が欠落しています

SV.PCC.MODIFIED_BEFORE_CREATE  CreateFile の呼び出し前にテンポラリファイルが変更されます

390

SV.RVT.RETVAL_NOTTESTED  戻り値の無視

391

SV.RVT.RETVAL_NOTTESTED  戻り値の無視

394

RETVOID.GEN  非 void 関数が void 値を返しています

RETVOID.IMPLICIT  暗黙的な int 関数によって void 値が返されます

VOIDRET  void 関数が戻り値を返しています

401

FREE.INCONSISTENT  メモリの解放が矛盾しています

MLK.MIGHT  メモリリークの可能性

MLK.MUST  メモリリーク

403

RH.LEAK  リソースリーク

404

CONC.DL  デッドロック

FMM.MIGHT  メモリの解放の不一致の可能性

FMM.MUST  メモリの解放の不一致

RH.LEAK  リソースリーク

SV.INCORRECT_RESOURCE_HANDLING.URH  安全でないリソース処理

SV.INCORRECT_RESOURCE_HANDLING.WRONG_STATUS  安全でないリソース処理

415

MLK.MIGHT  メモリリークの可能性

MLK.MUST  メモリリーク

UFM.DEREF.MIGHT  解放済みメモリの逆参照の可能性

UFM.DEREF.MUST  解放済みメモリの逆参照

UFM.FFM.MIGHT  解放済みメモリの使用 (二重解放)の可能性

UFM.FFM.MUST  解放済みメモリの解放

UFM.RETURN.MIGHT  解放済みメモリの戻り値への使用の可能性

UFM.RETURN.MUST  解放済みメモリの戻り値への使用

UFM.USE.MIGHT  解放済みメモリの使用の可能性

UFM.USE.MUST  解放済みメモリの使用

416

UFM.DEREF.MIGHT  解放済みメモリの逆参照の可能性

UFM.DEREF.MUST  解放済みメモリの逆参照

UFM.FFM.MIGHT  解放済みメモリの使用 (二重解放)の可能性

UFM.FFM.MUST  解放済みメモリの解放

UFM.RETURN.MIGHT  解放済みメモリの戻り値への使用の可能性

UFM.RETURN.MUST  解放済みメモリの戻り値への使用

UFM.USE.MIGHT  解放済みメモリの使用の可能性

UFM.USE.MUST  解放済みメモリの使用

421

SV.PIPE.CONST  パイプのハイジャックの可能性

SV.PIPE.VAR  パイプのハイジャックの可能性

457

UNINIT.CTOR.MIGHT  コンストラクタにおける未初期化の変数の可能性

UNINIT.CTOR.MUST  コンストラクタにおける未初期化の変数

UNINIT.HEAP.MIGHT  未初期化のヒープの使用の可能性

UNINIT.HEAP.MUST  未初期化のヒープの使用

UNINIT.STACK.MIGHT  未初期化の変数の可能性

UNINIT.STACK.MUST  未初期化の変数

464

NNTS.MIGHT  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

NNTS.MUST  バッファオーバーフロー - 非 NULL 終了文字列

SV.BANNED.RECOMMENDED.TOKEN  禁止が推奨されているAPI: 安全でないトークン作成関数

466

PORTING.CAST.PTR  両方ともポインタでない型といずれかがポインタでない型間のキャスト

467

INCORRECT.ALLOC_SIZE  不適切な割り当てサイズ

468

CWARN.ALIGNMENT  不正確なポインタのスケーリングが使用されています

MISRA.PTR.ARITH 代数式または配列インデックス式でポインタが使用されています

476

NPD.CHECK.CALL.MIGHT  ポインタを明示的に NULL チェックした後に逆参照する可能性のある関数に渡す可能性があります

NPD.CHECK.CALL.MUST  ポインタを明示的に NULL チェックした後に逆参照する可能性がある関数に渡します

NPD.CHECK.MIGHT  ポインタを明示的に NULL チェックした後に逆参照する可能性があります

NPD.CHECK.MUST  ポインタを明示的に NULL チェックした後に逆参照します

NPD.CONST.CALL  逆参照する可能性のある関数に NULL を渡しています

NPD.CONST.DEREF  NULL は逆参照されます

NPD.FUNC.CALL.MIGHT  NULL を返す関数の戻り値が、これを逆参照する可能性のある別の関数に渡される可能性があります

NPD.FUNC.CALL.MUST  NULL を返す関数の戻り値が、これを逆参照する可能性がある別の関数に渡されます

NPD.FUNC.MIGHT  NULL を返す可能性のある関数の戻り値が逆参照される場合があります

NPD.FUNC.MUST  NULL を返す可能性がある関数の戻り値が逆参照されます

NPD.GEN.CALL.MIGHT  NULLポインタを逆参照する可能性がある関数に渡す場合があります

NPD.GEN.CALL.MUST  NULLポインタを逆参照する関数に渡します

NPD.GEN.MIGHT  NULLポインタを逆参照する可能性があります

NPD.GEN.MUST  NULLポインタを逆参照します

RN.INDEX  負の値のチェック前のインデックスの使用は問題となる可能性があります

RNPD.CALL  NULL チェック前のポインタの、関数呼び出しにおける逆参照は問題となる可能性があります

RNPD.DEREF  NULL チェック前のポインタの逆参照は問題となる可能性があります

478

LA_UNUSED  ラベルが使用されていません

479

MISRA.EXPANSION.UNSAFE 安全ではないマクロの使用

MISRA.STDLIB.LONGJMP setjmp マクロまたは longjmp 関数の使用

480

ASSIGCOND.CALL  割り当て条件 (呼び出し)

ASSIGCOND.GEN  割り当て条件

CWARN.NULLCHECK.FUNCNAME  関数アドレスが 0 と直接比較されます

EFFECT  ステートメントの影響はありません

SEMICOL  セミコロンの位置を確認してください

482

ASSIGCOND.CALL  割り当て条件 (呼び出し)

ASSIGCOND.GEN  割り当て条件

EFFECT  ステートメントの影響はありません

488

CONC.DL  デッドロック

497

SV.STR_PAR.UNDESIRED_STRING_PARAMETER  ファイルパスの不要な文字列

561

INVARIANT_CONDITION.GEN  不変な条件式

INVARIANT_CONDITION.UNREACH  不変な条件式

LA_UNUSED  ラベルが使用されていません

UNREACH.GEN  到達不能コード

UNREACH.RETURN  到達不能な void return文

UNREACH.SIZEOF  アーキテクチャに関連した到達不能コード

VA_UNUSED.GEN  値を割り当て後に使用しません

VA_UNUSED.INIT  値を初期化後に使用しません

562

LOCRET.ARG  関数がローカル変数のアドレスを返しています

LOCRET.GLOB  関数がローカル変数のアドレスを返しています

LOCRET.RET  関数がローカル変数のアドレスを返しています

563

LV_UNUSED.GEN  ローカル変数は使用されません

570

INVARIANT_CONDITION.GEN  不変な条件式

INVARIANT_CONDITION.UNREACH  不変な条件式

571

INVARIANT_CONDITION.GEN  不変な条件式

INVARIANT_CONDITION.UNREACH  不変な条件式

587

PORTING.CAST.PTR  両方ともポインタでない型といずれかがポインタでない型間のキャスト

590

FNH.MIGHT  非ヒープメモリの解放の可能性

FNH.MUST  非ヒープメモリの解放

FUM.GEN.MIGHT  未割り当てメモリの解放の可能性

FUM.GEN.MUST  未割り当てメモリの解放

606

SV.TAINTED.CALL.LOOP_BOUND  関数呼び出しのループ条件での未検証の整数の使用

SV.TAINTED.LOOP_BOUND  ループ条件での未検証の整数の使用

628

MISRA.FUNC.UNMATCHED.PARAMS 関数に渡される仮引数と実際のパラメーターの数が一致しません

665

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

UNINIT.HEAP.MIGHT  未初期化のヒープの使用の可能性

UNINIT.HEAP.MUST  未初期化のヒープの使用

UNINIT.STACK.ARRAY.MIGHT  未初期化の配列の可能性

UNINIT.STACK.ARRAY.MUST  未初期化の配列

UNINIT.STACK.ARRAY.PARTIAL.MUST  一部が未初期化の配列

676

SV.BANNED.RECOMMENDED.SCANF  禁止が推奨されているAPI: 安全でない scanf 型関数

681

PRECISION.LOSS  精度の損失

PRECISION.LOSS.CALL  関数呼び出し中の精度の損失

682

MISRA.FUNC.VARARG 関数が可変数の引数を持っています

MISRA.SIGNED_CHAR.NOT_NUMERIC 数値でない値に 'signed char' または 'unsigned char' が使用されています

PORTING.UNSIGNEDCHAR.OVERFLOW.FALSE  'char' 型の符号によっては関係式が常に false になる場合があります

684

SV.BANNED.RECOMMENDED.ALLOCA  禁止が推奨されているAPI: スタック割り当て関数

SV.BANNED.RECOMMENDED.NUMERIC  禁止が推奨されているAPI: 安全でない数値化関数

SV.BANNED.RECOMMENDED.OEM  禁止が推奨されているAPI: OEM 文字ページ変換関数

SV.BANNED.RECOMMENDED.PATH  禁止が推奨されているAPI: 安全でないパス名操作関数

SV.BANNED.RECOMMENDED.SCANF  禁止が推奨されているAPI: 安全でない scanf 型関数

SV.BANNED.RECOMMENDED.SPRINTF  禁止が推奨されているAPI: 安全でない sprintf 型関数

SV.BANNED.RECOMMENDED.TOKEN  禁止が推奨されているAPI: 安全でないトークン作成関数

SV.BANNED.REQUIRED.CONCAT  禁止が必須とされているAPI: 安全でない文字列連結関数

SV.BANNED.REQUIRED.COPY  禁止が必須とされているAPI: 安全でないバッファコピー関数

SV.BANNED.REQUIRED.ISBAD  禁止が必須とされているAPI: IsBad 型関数

686

SV.FMT_STR.BAD_SCAN_FORMAT  入力書式指定子エラー

SV.FMT_STR.PRINT_FORMAT_MISMATCH.BAD  互換性がない print 関数パラメーターの型

SV.FMT_STR.PRINT_FORMAT_MISMATCH.UNDESIRED  予期しない print 関数パラメーターの型

SV.FMT_STR.SCAN_FORMAT_MISMATCH.BAD  互換性がない scan 関数パラメーターの型

SV.FMT_STR.SCAN_FORMAT_MISMATCH.UNDESIRED  予期しない scan 関数パラメーターの型

SV.FMT_STR.SCAN_IMPROP_LENGTH  scan 関数呼び出しの長さ修飾子の不適切な使用

SV.FMT_STR.SCAN_PARAMS_WRONGNUM.FEW  scan 関数呼び出しの引数が少なすぎます

SV.FMT_STR.SCAN_PARAMS_WRONGNUM.MANY  scan 関数呼び出しの引数が多すぎます

SV.FMT_STR.UNKWN_FORMAT  print 関数呼び出しの書式指定子が不明です

SV.FMT_STR.UNKWN_FORMAT.SCAN  scan 関数呼び出しの書式指定子が不明です

704

MISRA.CAST.CONST キャスト演算により const または volatile がポインターまたは参照から除外されます。

732

SV.USAGERULES.PERMISSIONS  特権の昇給の使用

754

SV.RVT.RETVAL_NOTTESTED  戻り値の無視

762

FMM.MIGHT  メモリの解放の不一致の可能性

FMM.MUST  メモリの解放の不一致

764

CONC.DL  デッドロック

768

MISRA.LOGIC.SIDEEFF 論理 'and' 式または論理 'or' 式の右側のオペランドは副作用があります

770

RH.LEAK  リソースリーク

772

CONC.DL  デッドロック

787

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

788

ABV.ANY_SIZE_ARRAY  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

ABV.STACK  バッファオーバーフロー - ローカル配列インデックスが範囲外

ABV.TAINTED  未検証の入力によるバッファオーバーフロー

SV.TAINTED.ALLOC_SIZE  メモリ割り当て時の未検証の整数の使用

SV.TAINTED.CALL.INDEX_ACCESS  関数呼び出し時の配列インデックスとしての未検証の整数の使用

SV.TAINTED.CALL.LOOP_BOUND  関数呼び出しのループ条件での未検証の整数の使用

SV.TAINTED.INDEX_ACCESS  配列インデックスとしての未検証の整数の使用

805

ABV.ANY_SIZE_ARRAY  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

ABV.GENERAL  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外

ABV.ITERATOR  バッファオーバーフロー - 配列インデックスが範囲外の可能性

ABV.STACK  バッファオーバーフロー - ローカル配列インデックスが範囲外

ABV.TAINTED  未検証の入力によるバッファオーバーフロー

INCORRECT.ALLOC_SIZE  不適切な割り当てサイズ

SV.TAINTED.ALLOC_SIZE  メモリ割り当て時の未検証の整数の使用

SV.TAINTED.CALL.INDEX_ACCESS  関数呼び出し時の配列インデックスとしての未検証の整数の使用

SV.TAINTED.CALL.LOOP_BOUND  関数呼び出しのループ条件での未検証の整数の使用

SV.TAINTED.INDEX_ACCESS  配列インデックスとしての未検証の整数の使用

822

SV.TAINTED.CALL.DEREF  未検証ポインターの逆参照

SV.TAINTED.DEREF  未検証ポインターの逆参照

835

INFINITE_LOOP.GLOBAL  無限ループ

INFINITE_LOOP.LOCAL  無限ループ

INFINITE_LOOP.MACRO  無限ループ