EN JP CN

ビルドのクロスバージョンサポート

ビルドのクロスバージョンサポート

KlocworkKlocwork サーバーからの解析エンジンを切り離しています。このため、古いビルドのサーバーツールを、最大 3 つのマイナーリリースに戻って Klocwork サーバーの新しいバージョンで使用できます。すなわち、たとえば Klocwork の 2017.1、2017.2、および 2017.3 ビルドを、データのインポートまたは移行なしに Klocwork 2018 にロードできます。

大規模な組織にとって、この機能はサーバーやデスクトップのプラグインをアップデートしてより新しいリリースにおける改良を利用しながら、プロジェクトの一部または全部を Klocwork の以前のバージョンで解析できる柔軟性をもたらします。

ビルドを Klocwork の以前のバージョンから Klocwork サーバーのより新しいバージョンにロードし、それを以前の設定にロックする

このシナリオでは、Klocwork の以前のバージョンで実行されるビルドが既にあり、それらを Klocwork サーバーのより新しいバージョンにロードしようとしています。他のビルドマシンからプロジェクトをインポートすることもでき、または新しいプロジェクトの作成から開始してビルドをロードすることができます。この例では、新しいプロジェクトを Klocwork 2018 で作成し、Klocwork の2017.1 バージョンで実行されるビルドマシンからビルドをロードします。
  1. Klocwork 2018 でポータルにログインし、たとえば demosthenes というプロジェクトを作成します。
  2. 以下のコマンドをビルドマシンから実行してプロジェクトを 2017.1 設定にロックします。たとえば、
    kwadmin lock-project-version --url http://my2018server.acme.com:8084 demosthenes

    このコマンドは、ビルドマシン上のエンジンおよびチェッカー設定に関する情報を格納するファイルを作成します。これにはどのカスタムチェッカーも含まれており、また有効なチェッカーも無効なチェッカーも含まれています。サーバーはこの情報をプロジェクトの基本設定として使用します。

  3. Klocwork 2018 ポータルで demosthenes プロジェクトを開きます。必要に応じて、2017.1 チェッカーを有効にも無効にもすることができます。
    注: 2017.1 以降に導入されたどのチェッカーも使用できません。それはプロジェクトをそのバージョンの製品にロックしたからです。
  4. 2017.1 ビルドのマシン上で、通常どおりプロジェクトを構築します。たとえば、
    kwbuildproject --url http://my2018server.acme.com:8084/demosthenes -o tablesdir buildspec.out
  5. 2017.1 ビルドのマシン上で kwadmin load コマンドを使用してビルドを Klocwork 2018 サーバーにロードします。たとえば、
    kwadmin load demosthenes tablesdir --url http://my2018server.acme.com:8084

プロジェクトがKlocworkの以前のバージョンにロックされているか検証する方法

プロジェクトを Klocwork のそれ以前のバージョンにロックする場合は、lock-project-version コマンドが default_checkers_configuration.xml と呼ばれる設定ファイルを作成し、それを Klocwork サーバーのそのプロジェクトディレクトリに移動させます。設定ファイルは、そのリリースで使用可能なチェッカーの情報を、そのビルドマシンに展開されたすべてのカスタムチェッカーも含めて格納します。

default_checkers_configuration.xml のプロジェクトディレクトリを検索し、自分のプロジェクトが Klocwork.のそれ以前のバージョンにロックされているかどうかを検証します。

Klocworkの以前のバージョンからのプロジェクト設定を使用しないように、プロジェクトをアンロックする

プロジェクトを、もはや Klocwork の以前のバージョンにロックしない場合は unlock-project-configuration コマンドを使用します。たとえば、

kwadmin unlock-project-version demosthenes --url http://my2018server.acme.com:8084
システムは、 default_checkers_configuration.xml ファイルをプロジェクトフォルダーから削除します。
注: プロジェクトはまだ Klocwork の以前のバージョンにより解析されているので、どのチェッカーもそのリリース以降に削除されたり名前を変更されると、ポータルにレポートが表示されません。同様に、プロジェクトはそのリリース以降に導入されたどの新しいチェッカーもレポートしません。全ての新しいチェッカーを活用するには、プロジェクトを Klocwork の現在のバージョンで解析する必要があります。