EN JP CN

C-sharp build specification (ビルドスペック) の作成

C-sharp build specification (ビルドスペック) の作成

C-sharp build specification (ビルドスペック) の作成

C-sharp build specification (ビルドスペック) の作成

Klocwork は、ビルドと統合し、コードストリーム全体の一元表示に必要な情報のすべてをキャプチャします。

Klocwork はこの情報を構造化されたビルドログである build specification (ビルドスペック)というテキストファイルに保存します。build specification (ビルドスペック) は Klocwork 解析の基盤です。

build specification (ビルドスペック) がビルドの正確かつ最新の情報を表していることは重要です。build specification (ビルドスペック) が不正確な場合、Klocwork 解析も不正確になります。

build specification (ビルドスペック) は統合ビルドおよびローカルビルドの両方のレベルで必要です。

  • 統合ビルドの場合、build specification (ビルドスペック) の作成はインストール後に必要な最初のタスクです。
  • 一部のデスクトップ環境ではビルド統合は自動的に発生しますが、その他の環境では build specification (ビルドスペック) を手動で作成する必要があります。build specification (ビルドスペック) を手動で作成する必要があるかどうかが不明な場合は、Klocwork Desktop Analysis を使用したチェックイン前の指摘の修正でコーディング環境を選択してください。

ここでは、純粋な C# プロジェクトについて説明します。プロジェクトに C/C++ ソースも混在している場合は、最初にC/C++ とC# の混合プロジェクトの解析を参照してください。

前提条件

build specification (ビルドスペック) を作成するには、その前にサーバーパッケージまたはユーザーパッケージをインストールする必要があります。インストールKlocworkを参照してください。

ビルド設定をキャプチャする

この例では、オープンソースプロジェクト NAnt のバージョン 0.85 を使用します。独自のソースコードを使用している場合、NAnt に固有な情報を自分の情報に置き換えてください。

  1. たとえば、次のように、作業ディレクトリをプロジェクトまたはソリューションファイルがある最上位ソースディレクトリに変更します。
     cd C:\nant-0.85\ 
    
    注: 一般的なオープンソースプロジェクトでは、初期設定が必要な場合もあります。
  2. プロジェクトの有効なビルド構成がわからない場合、C# プロジェクトパーサー kwcsprojparser に次のようにリストします。
    kwcsprojparser <input_file> --list-configs
    
    たとえば、次のようになります。
    kwcsprojparser nant.vsnet.csproj --list-configs
    
  3. 有効なビルド構成のリストが次のように表示されます。
    DebugMainNAntBuildFile|Any CPU
    Debug|Any CPU
  4. kwcsprojparser をプロジェクトファイルまたはソリューションファイルに対して次のように実行して、build specification (ビルドスペック) を生成します。
    kwcsprojparser <input_file> --config <config_name> [--output <output_file>]
    
    --output オプションを使用しない場合、kwcsprojparser では、build specification (ビルドスペック) ファイルに入力ファイルの名前に拡張子 .out を追加した名前が自動的に付けられ、現在の作業ディレクトリに保存されます。構成を指定しない場合、ツールによって最初に検出されたものが使用されます。
    例:
    kwcsprojparser nant.vsnet.csproj --config "Debug|Any CPU"
    
    ビルドが完了すると、build specification (ビルドスペック) が指定された場所に保存されます。

正確性を確認するための build specification (ビルドスペック) のレビュー

build specification (ビルドスペック) が作成されたら、以下を行ってください。

  • cscompilecslinkcsconfig の各行が存在することを確認します。
  • the build specification (ビルドスペック) を注意深くレビューして、コンパイラオプションが適切に処理されたことを確認します。kwcsprojparser が正確にビルド設定をキャプチャしたかどうかを確認するための詳細情報については、C# プロジェクトの build specification (ビルドスペック) ファイル形式を参照してください。

build specification (ビルドスペック) が有効な場合、次のステップであるC# 統合ビルド解析の実行に進みます。

次は何?