EN JP CN

Connected desktop (コネクテッドデスクトップ) と同期

Connected desktop (コネクテッドデスクトップ) と同期

Connected desktop (コネクテッドデスクトップ) と同期

Connected desktop (コネクテッドデスクトップ) と同期

前提条件

connected desktop (コネクティッドデスクトップ) を使用するには、以下が必要です。

  • 統合プロジェクトとビルド解析
  • デベロッパーデスクトップにインストールされた IDE プラグインまたは kwcheck
  • 統合プロジェクトに接続されている各デベロッパーデスクトップ

connected desktop (コネクティッドデスクトップ) の動作方法

connected desktop (コネクティッドデスクトップ) は、Klocwork サーバー上の関連する統合プロジェクトに接続されているデスクトッププロジェクトを参照します。この接続で同期が有効になるため、次のことが可能になります。

  • 統合ビルドの精度にローカル解析の速度を提供する

    Connected desktop (コネクティッドデスクトップ) を使用すると、チェックイン前にコードをローカルで解析できます。ただし、コードにチェックインしようとする際に起こる可能性がある解析的一致性および精度に達すると、統合ビルド解析で検証されます。これは、どのような方法で行われるのでしょう。コードを解析すると (オンザフライ解析、continuous analysis (継続的デスクトップ解析)、またはプロジェクト解析を使用) knowledge base (ナレッジベース) ファイルは統合ビルド解析から接続されたプロジェクト (デスクトップ上の関連ファイル) に同期されます。これらの knowledge base (ナレッジベース) は、コードベース全体の関数およびクラスメソッドの動作を記録します。これにより、このエンジンでは、関数が 1 つのファイル内にあるか、異なるビルド単位 (依存している共有ライブラリなど) 内にあるかに関係なく、関数とモジュール境界全体に値、範囲、および記号論理評価が伝播されます。

  • connected desktop (コネクティッドデスクトップ) ユーザーと競合ビルド間の指摘ステータス変更とコメントを更新する
    通常、すぐに修正できる指摘は修正し、気にしない、または誤検知として見なす指摘のステータスを変更します。指摘のステータスは、お使いの IDE プラグイン、Klocwork Desktop、Klocwork Code Review、および kwcheck で変更できます。
    注: ステータス変更は、現在の統合プロジェクト解析で報告されていない場合であっても connected desktop (コネクテッドデスクトップ) ユーザー間で更新されます。connected desktop (コネクテッドデスクトップ) ユーザーがソースコードを更新しない場合、または別のユーザーによって検出および更新された指摘を含んでいないコードを持っている場合は、これらの指摘は表示されません。
  • 統合ビルドと connected desktop (コネクティッドデスクトップ) 間の集中型プロジェクト構成を提供する

    内部コーディングポリシーをサポートするチェッカー分類基準などの解析設定は、統合ビルドに設定でき、接続されているユーザーに自動的に送信されます。コードをチェックインする前に、これらのポリシーに対するパフォーマンスを評価できます。設定可能な統合ビルド設定の詳細については、統合ビルド解析を参照してください。

    注: 解析の指摘のタイプを有効または無効にするなど、ローカルプロジェクトの構成を変更するパーミッションを持っている場合は、ローカル構成設定が統合ビルド設定よりも優先されます。

同期のタイミング

同期は自動的で、以下の場合に起こります。

  • ファイルまたはプロジェクトを解析するとき
  • 検出された指摘が connected desktop (コネクテッドデスクトップ) プロジェクトで引用されているとき
    注: 更新は、構成変更や KB ではなく、更新情報のみをプッシュおよびプルします。
  • 統合プロジェクトに接続するとき (通常は 1 回だけ行う作業)

さらに、開いているアクティブなプロジェクトでスケジュール済みの同期が発生して、更新情報と構成情報をアップデートします。

同期情報

上の図から明らかなように、同期は以下のことを実行します:

  • 接続しているデスクトップユーザー間の更新情報と統合ビルド解析をアップデートする
  • connected desktop (コネクテッドデスクトップ) に構成変更と knowledge base (ナレッジベース) をプルする
注: システムナレッジベースファイル、チェッカー設定、オーバーライドファイルなどは同期中に Visual Studio に渡されます。

同期が実行しないこと

デスクトッププロジェクトで指摘を修正すると、それらの修正は、別の統合ビルド解析がチェックインコードに実行されるまで Klocwork Static Code Analysis (修正活動などのレポート) に表示されません。修正済みの指摘は、同期によっても Klocwork Static Code Analysis に伝達されません。