EN JP CN

SCM の設定

SCM の設定
ほとんどの場合、SCM は自動的に検出され、コードレビューを送信するためのアクションは必要ありません。ただし、SCM が検出されない場合、エラーが表示されます。
注: SCM 設定は、ソリューション全体に適用されます。プロジェクトごとに SCM 設定を構成することはできません。
手動で SCM 設定を構成するには、次の手順を実行します。

Visual Studio

ソリューションを右クリックして [Klocwork ソリューションプロパティ] > [SCM 設定] を選択します。

これにより [SCM 設定] ダイアログが表示されます。Perforce または Git を使用している場合、設定を手動で入力できます。TFS、Clearcase、および SVN は自動検出のみです。

Eclipse

プロジェクトを右クリックして [プロパティ] > [Klocwork Code Review] を選択します。

これにより [SCM 設定] ダイアログが表示されます。ドロップダウンリストから、SCM を選択できます。
注: SCM がプリインストールされていない場合や Perforce または Git を使用する場合は、SCM 設定を手動で行わなければならないことがあります。