EN JP CN

編集可能な構成ファイル

編集可能な構成ファイル
重要: 次の表に一覧表示されていない Klocwork 構成ファイルは編集してはいけません。
注: Klocwork 解析で使用するすべての構成ファイルは、日本語などのマルチバイト文字が含まれている場合は、UTF-8 で暗号化されている必要があります。構成ファイルにマルチバイト文字が含まれている場合は、Klocwork 解析で使用する前に変換する必要があります。kwconvを参照してください。projects_root を Klocwork Insight に移植すると、projects_root 内のユーザー編集可能なすべての構成ファイルは UTF-8 に自動的に変換されます。
ファイル名説明ファイルの目的Klocwork 解析へのファイルの適用詳細情報
.hC/C++ のマクロオーバーライドファイルユーザーが作成して、Klocwork C/C++ 統合ビルドまたはデスクトップ解析に適用できるファイルで、指定したマクロの展開を抑制したり、または望ましくないマクロ定義をより適したものに置換したりできる統合プロジェクトまたはデスクトッププロジェクトにインポートする。ファイルは connected desktop (コネクテッドデスクトップ) に自動的に同期化される C/C++ 解析のチューニング
.jkbJava knowledge base (ナレッジベース) ファイルKlocwork 指摘検出を Java ソフトウェアプロジェクトに合わせて調整できる統合プロジェクトまたはデスクトッププロジェクトにインポートする Java 解析のチューニング
.kbC/C++ knowledge base (ナレッジベース) ファイルKlocwork 指摘検出を C/C++ ソフトウェアプロジェクトに合わせて調整できる統合プロジェクトまたはデスクトッププロジェクトにインポートする C/C++ 解析のチューニング
kwfilter.confC/C++ 用のコンパイラのマッピングファイルインターセプトされたコマンドに対してどのようなフィルターを使用するかを判定する目的で、kwinject による build specification (ビルドスペック) の作成中に使用される統合ビルドまたはデスクトップ解析で自動的に使用される コンパイラのマッピングファイル形式 (kwfilter.conf)
kwmysql.iniデータベースサーバーの構成ファイル非常に大きなプロジェクトに対してメモリサイズの調整と制限を使用できる統合ビルド解析で自動的に使用される データベースパフォーマンスの向上
.mconfメトリックしきい値構成ファイルKlocwork が指摘を報告するしきい値を変更します。統合プロジェクトまたはデスクトッププロジェクトにインポートする レポートされたメトリックのしきい値の変更
metrics.xmlメトリックレポートの構成ファイルKlocwork Static Code Analysis で使用できるカスタムメトリクスレポートを作成できる。ファイルの場所は <projects_root>/config/metrics.xml統合ビルド解析で自動的に使用される メトリックレポートのカスタマイズ Klocwork Static Code Analysis
.outbuild specification (ビルドスペック) ファイルKlocwork プロジェクトの基盤として使用されるビルドの構造化されたログkwbuildproject に渡す C/C++ build specification (ビルドスペック) の作成Java build specification (ビルドスペック) の作成C# build specification (ビルドスペック) の作成
.pconfチェッカー設定ファイルチェッカーの有効化、無効化、編成を可能にします。統合プロジェクトまたはデスクトッププロジェクトにインポートする 統合ビルド解析用チェッカーの設定
.sowソースオーナーシップファイルユーザー名またはグループ名をソースコードのファイルまたはクラスに関連付ける統合プロジェクトにインポートする オーナー別の指摘の追跡
.sztsize-of-types ファイルメトリックの "バイト数" が正しく計算されるように、組み込み型のバイトサイズを指定できる統合プロジェクトにインポートする 組み込みタイプのサイズの指定
.tplbuild specification template (ビルドスペックテンプレート) ファイルKlocwork 解析が実行されるローカルマシン上の異なるパスについて変数を使用する、build specification (ビルドスペック) のバージョン統合プロジェクトにインポートする。ファイルは connected desktop (コネクテッドデスクトップ) に自動的に同期化される デベロッパーへの build specification template (ビルドスペックテンプレート) の提供
.tconf分類基準の構成ファイル新しいカスタムチェッカーを分類基準またはカテゴリに追加するか、リファレンス情報を既存のチェッカーに追加できる統合プロジェクトまたはデスクトッププロジェクトにインポートする 統合ビルド解析用チェッカーの設定
.umeユーザー定義のメトリックファイル独自のメトリックを定義して特定のソースファイルまたはクラスに適用し、Klocwork Static Code Analysisでそのレポートを行うことができる。拡張子 .ume のテキストファイル。統合プロジェクトにインポートする メトリックレポートのカスタマイズ Klocwork Static Code Analysis