EN JP CN

チェッカーパフォーマンス

チェッカーパフォーマンス

祖先/子孫 (または親/子) 指定子を 1 つの KAST 式で使用する KAST チェッカーでは、解析速度が大幅に落ちます。

祖先ノードは、AST のルートまでの "上昇" をトリガし、指定された名前のすべての定義の検索を試みますが、子孫ノードはサブツリーの完全なトラバーサルをトリガします。

解析結果を迅速に出すためには、祖先/子孫または親/子の組み合わせの使用を避けることが最も効果的です。