EN JP CN

プロジェクト同期を実行できません - 指摘の同期に失敗しました - 同期対象のファイルが見つかりませんでした

プロジェクト同期を実行できません - 指摘の同期に失敗しました - 同期対象のファイルが見つかりませんでした

"プロジェクト同期を実行できません。指摘の同期に失敗しました:同期対象のファイルが見つかりませんでした" というメッセージが表示された場合、ビルド設定 (build specification (ビルドスペック) または build specification template (ビルドスペックテンプレート)) 内のソースファイルへのパスが間違っており、そのために同期が失敗することを意味します。次のいずれかの操作が必要です。

  • ソースファイルへのパスが間違って設定されたため、build specification template (ビルドスペックテンプレート) 変数のパスを再設定します (build specification template (ビルドスペックテンプレート) ユーザーは以下の手順を参照してください)。
  • build specification (ビルドスペック) を再作成して、ファイルパスを更新する必要があります。build specification (ビルドスペック) 内のパスが間違っている場合があります。たとえば、1 つのマシン上でプロジェクトの build specification (ビルドスペック) を生成し、同じプロジェクトを別のマシンから解析した場合などです。build specification (ビルドスペック) の再作成の手順については、次を参照してください: プロジェクト同期を実行できません - Klocwork サーバーのプロジェクトとの共通ファイルがありません

上記のメッセージは、connected desktop (コネクテッドデスクトップ) プロジェクトがサーバープロジェクトとの同期に失敗した場合に、Klocwork Desktop、IDE プラグイン、および kwcheck のユーザーに向けて表示されます。同期の問題は、次のアイコンで示されます:.アイコンの上でマウスを動かすと、同期エラーメッセージが表示されます。 を見ると、Connected desktop (コネクテッドデスクトップ) と同期 はまた動作していることがわかります。プロジェクトは同期されていますアイコン。

以下の変数設定を再確認して修正します。

  • kwcheck の場合は、kwcheck list-vars を使用して変数をリストします。パスが間違っている場合は、kwcheck remove-var を使用して変数設定を削除してから kwcheck set-var を使用して正しいパスを設定します。
  • Klocwork Desktop の場合は、[ツール] > [build specification (ビルドスペック) 変数を構成] を選択します。ソースファイルへのパスが正しいことを確認してください。

ソースファイルへのパスは正しいが、依然としてこの問題がある場合は、Klocwork 管理者に問い合わせてください。